ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『セインツロウ最新作が開発元の『Volition』からアナウンス、PS5とプロジェクトスカーレット向けか?という記事』が掲載中。



セインツロウ最新作が開発元の『Volition』からアナウンス、PS5とプロジェクトスカーレット向けか?という記事が掲載中。オリジナル版は4年前にストップしていた中、親会社のTHQノルディックが正式に認めたものですね。



セインツロウ最新作が開発元の『Volition』からアナウンスされ、THQノルディックが声明を出したところによると、Volitionが最新作に関わっていて、2013年にSaints Row IVをリリースして以来、非常に愛されているシリーズの新たなエントリーであるとしており、現在鋭意開発中であり、本作がPS5とプロジェクトスカーレット向けなのか、それともPS4&XBOXOne向けなのかは特に言及されていません。


関連リンク



■旧THQの看板タイトルだった
旧THQがパブリッシャーになり、開発元は最新作と同じ『Volition』が手掛けたクライムアクションゲーで、2006年にXBOX360専用タイトルとしてリリースされたのが始まりで、その後ヒットしたことにより、続編となる2はPS3、XBOX360、PCでリリースされ、シリーズ化に成功しています。最近3がニンテンドースイッチに移植され、ブランドの行方に注目が集まっていました。

■開発元『Volition』とは?
1996年に設立されて、2000年に旧THQに買収、完全子会社になり、Red Factionシリーズ、Saints Rowシリーズを2枚看板にして、続編が定期的に作られてきた 経緯があり、旧THQが倒産した際、 Nordic Gamesが権利を獲得、そして名前をTHQノルディックと改名して今に至っていて、旧THQと今のTHQノルディックとの直接的な繋がりはありません。社員数は2014年時点で300人と大所帯にな会社であって、AAAゲーを作る体制は十分整っているといえるでしょう。

■最新作は次世代機か、現行機か?
今のタイミングで発表されたということは年末商戦に向けてのアピールとみていいだけに、現状を考えた場合、PS4&XBOXOneが最有力とみていいでしょう。しかし、PS5とプロジェクトスカーレットも来年には出るため、リマスター版が出る可能性も否定できません。又、次世代機でどれ位の表現とカスタムSSDによる体感の違いなどを開発してみて確認するという意味合いもあるかもしれず、こうした動きは各社で見られる推測がなされており、又完全新作を作るには時間がそれ相応にかかるので、その間を埋め合わせる事も想定されていそうです。


4年ぶりの最新作始動!ファンは待っていた甲斐があったよね!次世代機版も見てみたいな。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment