ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『マイクロソフトがニンテンドースイッチのような取り外し可能なコントローラーを2つドッキングさせる特許を申請していたという記事』が掲載中。



マイクロソフトがニンテンドースイッチのような取り外し可能なコントローラーを2つドッキングさせる特許を申請していたという記事が掲載中。海外ではCGでファンメイドイメージが作られており、実際にこのような形になるか?


マイクロソフトがニンテンドースイッチのような取り外し可能なコントローラーを2つドッキングさせる特許を申請していたことが判明して、下の画像で見られるように、この特許では、充電ユニットから2つに分離して、モバイルデバイスに接続が可能なコントローラーとしての役割を果たすものになっており、ニンテンドーのジョイコンからアイディアを取り入れた可能性が十分ありえるものになっています。


関連リンク



■マイクロソフトと任天堂の関係性
マイクロソフトがゲーム業界に参入したときには、それほど他社の事を表立って発言していなかった中、時代が移り変わり、PS3とXBOX360では激しいシェア争いを繰り広げられ、ソニーに対し、辛辣なコメントも見受けられた中、独自路線を行く任天堂には過去から寛大な発言を繰り返していて、それがニンテンドースイッチ時代に入ると、オンラインプレイを要因したりと、関係性は更に良好になっていきます。

■特許的には大丈夫なのか?
任天堂はジョイコンを商標登録と特許をしっかりととっています。それでもこのような類似した商品が出てくるということは可能性は2つあり、1つはその特許に接触しない形で実現しているか、あるいは任天堂から許可を得て作ったかのどちらかです。はっきりいって、どちらも同じくらいあり得るので、このようなアイディアが出てもパクったという声が聞かれないほど関係性は良好です。

■クラウドゲーミングで真価を発揮するか?
これは間違いなく、マイクロソフトが準備しているクラウドゲーミング用のコントローラーだと推測されます。図で示されているように、タブレットなどをドッキングさせてコントローラー替わりに使うというのもニンテンドースイッチからヒントを得たものでしょうね。そうなるとライバルはGoogleやソニーということになりそうで、当面は任天堂とのライバル関係性もなく、両社の関係性にひび割れることはなさそうです。


マイクロソフトがどれだけ本気なのかがわかるね!任天堂との関係性もとても良好ですよね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

   

Xboxoneでとりあえず成果あげましたが、これは二番煎じ、マイクロソフトの考えが分からないです、特にフィルです、世界中から批判浴びそうな予感

2019/08/16 (Fri) 07:31 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

まぁ今回の発表がどういう反応を得るのかはわかりませんが
クラウドでグーグルなどに対抗しようとしているのは
伝わりますね。そのために手段を選ばずという部分が
感じ取れて、今回のアイディアに至ったんでしょうね。
任天堂がどう感じているかはわかりませんが・・・

2019/08/16 (Fri) 15:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment