ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『PS4&XBOXOneで来年リリースされる『Cyberpunk 2077』は初回限定版、及びDLC、ボーナスコンテンツは無いと断言している記事』が掲載中。



PS4&XBOXOneで来年リリースされる『Cyberpunk 2077』は初回限定版、及びDLC、ボーナスコンテンツは無いと断言している記事が掲載中。今時のトレンドに反する行為といえますが、それだけ中身に自信があるようですね。


PS4&XBOXOneで来年リリースされる『Cyberpunk 2077』に対し、ゲームの完成度に磨きをかけている中で、最近のトレンドとは相反する行為をしていて、初回限定版や予約特典、DLCなどサービスが一切ないと言及して、1日目に予約をしても100日後に予約しても中身は一緒だとしており、他のメーカーとは相反する部分があるようです。


・・・としていて、先行予約ボーナスは無しとしていて、今時珍しいですよね。あの手この手を使って予約させようと画策するのが今のゲーム業界のトレンドになっているのにそうした行為をいっさい行わないと宣言しているのは珍しく、それだけ中身で勝負ということの表れのようですね。


関連リンク



■行き過ぎた初回限定版
日本で初回限定版が注目され始めたのは、PS2時代からであり、主にキャラクタービジネス(主に女の子が主人公のゲーム)に対し、イラストや特典をつけたことが始まりで、その後ネットが標準的になったPS3時代からはソフトの売れゆき低下と共に熱が加速度的に増して、予約DLCの強化、ボーナス特典、限定版が出るのが当たり前にようになっていきます。

■ゲームはゲーム本編で勝負すべき
コレクターズアイテムとしての価値は十分ありますが、通常版と現在では呼ばれる一般向けゲームが今でも市場ではメインを担っており、こうしたコレクターアイテム、及び先行DLC特典などは、メーカーが予約を確保したい経緯と、それにメリットを見出すゲーマーの利害関係は一致しており、今後も続くとみられます。

■時には問題になることも
初回限定版はその内容から採算度外視で作ったようなものや、予約特典と銘打っていながら、その価格があまりにも高く、1万円を軽く超えるのも当たり前になってきています。そこまでして初回限定版を求めるユーザーがどれだけいて、そして売れるのかを見極めないと、双方にとって不幸が訪れるものであり、すでに玉砕した初回限定版も数多く散見しています。


ユーザーフレンドリーな予約特典であってほしいよね。

 [ゲーム]PS4&XBOXOne関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment