ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『アニメーター出身で元任天堂社員だった『小田部羊一』さん(82)がゼルダの伝説風のタクトをどうやって決めたのかという質問に答えているyahoo!記事』が掲載中。



アニメーター出身で元任天堂社員だった『小田部羊一』さん(82)がゼルダの伝説風のタクトをどうやって決めたのかという質問に答えているyahoo!記事が掲載中。ゲームキューブのDEMO映像から一転、トゥーンシェイドのゲームになりましたね。


──『ゼルダの伝説 風のタクト』の独特なグラフィックは、小田部さんのアイディアがもとになっているのですか。

いろんな人から僕の影響について言われるんですが、僕はあのゲームとは、直接の関係が一切ないんです。これは僕がまだ東映動画にいた頃の話ですが、長編アニメ『わんぱく王子の大蛇退治』の仕事をしていたとき、絵に日本風のタッチを加えるために埴輪を参考にしたことがあったんです。『風のタクト』のチームは、あの映画を見たんじゃないかと思うことがありますよ。
私が不本意ながらゲームに影響を及ぼしてしまったのが『ドンキーコング64』でした

逆に、私が不本意ながらゲームに影響を及ぼしてしまったのが『ドンキーコング64』でした。任天堂では、開発中のゲームのテストをするためのデバッグ用の装置があります。これを使うと、ゲームの途中で死んでも、ステージの最初に戻らずに、少し戻るだけで済むんです。ある日、僕がこれを使っていたら、ゲームをクリアできちゃったんです。


そうしたら宮本氏がそのことを知って、これは簡単すぎるんじゃないかと不安になったんですね。それでゲームを難しくしたんです。でも、難しくなりすぎて、結局、あまり売れなくなっちゃった(笑)。


・・・としていて、逆に影響されているのは別のゲームだったとしており、意外な結果といえますね。一緒に映像を見たことが風のタクトの制作につながっただけだったというのが初めて明かされたものであって、任天堂社員がインスピレーションを受けたものだったという逸話が真相のようですね。


関連リンク

みんな勘違いしてたよね。任天堂クリエイターが作りあげたものだったんだね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

NHKドラマじゃないけど小田部さんとその周辺の話は色々面白い

2019/08/13 (Tue) 02:45 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですかー。まぁアニメーター出身で宮崎駿氏とも一緒に
仕事をした仲ですからユニークな人なのかもしれないですね。

2019/08/13 (Tue) 12:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment