ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂のゲーム機をHDTVで遊びたい層はニンテンドースイッチライトで真価が問われるだろうとしたコラム記事』が掲載中。



任天堂のゲーム機をHDTVで遊びたい層はニンテンドースイッチライトで真価が問われるだろうとしたコラム記事が掲載中。自分はHDTVで任天堂のゲームを遊びたい派なんですよね。この路線を捨てることにならないことを願いたいですね。


2017年3月3日に新しいコンセプトと共にデビューをしたニンテンドースイッチは、国内で現在840万台近く売れていて、マリオカート8デラックス、大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル、スプラトゥーン2などビックヒットタイトルがけん引して、PSにはない楽しさをアピールできたことが今に繋がっていると思います。

ソフトだけならwiiU時代から進化したか、発展延長線上のタイトルも多いんですが、なぜwiiUは支持されず、ニンテンドースイッチは支持されたのかを考える必要性がありそうです。wiiUはロンチ時期に買った自分も、任天堂独自の縛りがあるミーバースコミュニティを展開、そして、インターネット、ビデオチャットなど、ニンテンドースイッチとは差別化された部分もありましたね。

そうした中で、wiiUでも100万本を超えたタイトルも複数ありましたし、そして、それらタイトルがニンテンドースイッチで再評価されている部分もあります。wiiUは380万台しか国内で普及しなかったのに、スイッチはなぜ成功できたのか?を見つめなおすと、みんなが興味を持ち、そして、『何か面白そうだ』という共通認識が特に若者で強まったことが意味があると思います。

いわゆる一過性のブームで終わるか、継続できるかがカギになる部分の分岐点もある要素なので、そうした意味でニンテンドースイッチライトの投入はある意味満を持しての発売になりそうです。しかし、『スイッチ』体験がなくなり、本当に共有したい楽しさが軽減されている感も否めず、そして、HDMI接続をなくしてしまっているので、HDTVでは本当に遊べないハードなんですね。その点は少し残念に思います。

HDTVで任天堂ゲーム機を遊ぶためには29980円のニンテンドースイッチを買う必要があって、3DSからの乗り換えユーザーはライトに流れるでしょうが、それ以外のユーザーはできればこっちのほうを購入して欲しいと個人的には思いますね。スイッチ体験、HD振動、そして伸びたバッテリー容量、画面の大きさなど、スイッチが本来目指したかった完成形はやはりこっちなので、その辺は任天堂も割り切った商品がスイッチライトであり、併売する意味が感じ取れるものですね。

ニンテンドースイッチがどこまで延命できて、そして、PS5やプロジェクトスカーレットの時代が来ても、どっかりと市場を維持して、人気を獲得し続けられるかはソフトにかかっています。wiiUは4年という短命で、GC以来の短いサイクルでバトンタッチして、ロンチにゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを持ってきて話題を一気にさらいましたから、気になるのはブレスオブザワイルド続編が次世代スイッチとの懸け橋になるかというものですね。

若者感覚でいえば、スマホを乗り換える際、3年位でコロコロ変わることは全然普通のことになっていて、日常化しているだけに、スイッチの次世代機が出ても不思議ではないですね。下位互換性を完全に確保したスイッチ2が出る可能性はまったくのゼロではないでしょう。

その際、HDTVにつなぐハードを継続していることが何より大事であって、PS5などの次世代機は完全にPCを凌駕するようなグラフィックと待ち時間のないストレスフリーなゲーム世界を構築したい意思があるので、その辺がスイッチが気軽にいつでもどこでもアクセスできる利点からある意味共通する部分もあって、HDTVで基本遊んでいるスイッチゲーマーも興味を持つ仕様にはなっていると思いますね。

個人的も興味はありますが、やっぱり引っかかるのが、4k8k対応という部分で、自分も含めて4kTVは不必要だと感じてる人が意外と多い事実があるんですね。4kは興味がある人とない人真っ二つで、ある人はとことんありますし、無い人は全然無関心で、映像が綺麗になることと、大画面でHDTV体験を楽しみたい人は4kを望みますが、自分のようにPCとHDTVを共有して、22インチの1080pアクオスで十分だと思う人も多いんですよね。

それ以外にもテレビを持っていない人もいて、そういう層にスイッチライトはとても魅力が溢れる商品なのは間違いないです。そういう意味で、その間を担うHDTVスタイルのゲーム機をスイッチ2で目指してほしいですし、又スイッチ1との互換性を保ち、長寿ハードに仕上がってほしいというのが将来的な個人的展望ですね。

まずは、今あるスイッチがどこまで普及して、最終的にどれだけの魅力を提案して世界で受け入れられるハードになるか見守ることになりそうで、任天堂が開拓精神で切り開いた市場をどこまで広げられるか注目していきたいです。



※コラム記事は意見、感想をお待ちしています。何か気になることでもありましたら、遠慮なくコメントを頂ければと思います。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

機能削減版の販売は、一種の「世論調査」みたいな効果もありますよね。

2DSの販売においても、
"2DSLLレベルまで本体をしっかり作れば多少の妥協によるコスト削減は可能"
であり、また"立体視を必要としない客が多い"ということがわかったわけです。

同じように、同じゲーム同じゲーム機で「テレビ接続あり」「テレビ接続無し」の二種類用意することで
任天堂のゲームをテレビでプレイする需要の割合が
「TVゲーム専用ソフトだから」「携帯機専用ソフトだから」などの原因に左右されず
いままでにないほど正確にわかるわけです。

これによって、「リビングでワイワイ」か「もちよって通信」かどっちを大事にすべきか、
などなど今後の製品開発や販売の戦略の参考になることでしょう。

Wii Uでは「TVとゲームパッドでいろいろ便利なことが出来る」という点を
一つのセールスポイントにしていましたが、その需要があったかは疑問ですし、
戦略が世間と乖離しないようにすることの重要性を認識しているのではないでしょうか。

2019/08/01 (Thu) 03:05 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

詳しいご指摘ありがとうございます。そうですね。任天堂としても
複数のセットを出すことで、需要を見極めたい意思があるかも
しれないですね。3DSの立体視は最初はインパクトがあるんですが
これが必要不可欠な要素とはいいがたかったので、NEW2DSLLの
商品価値も生まれたものでしたね。リビングでワイワイかもちよって
楽しむかはまさにどうなるか見どころですね。

2019/08/01 (Thu) 03:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment