ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂、スマホゲーと中国市場で次のステージへというウォールストリートジャーナル記事』が掲載中。



任天堂、スマホゲーと中国市場で次のステージへというウォールストリートジャーナル記事が掲載中。スイッチも今後どうなっていくかというところでは、中国でどれだけ支持されるかというのが見どころになりそうですね。



 任天堂の4-6月期決算は低いスコアだったが、次のレベルに進もうとしているところなのかもしれない。

 任天堂が30日発表した4-6月期決算は期待外れだった。売上高は2%増加したものの、営業利益は前年同期から10%減少。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによると、いずれもアナリスト予想に届かなかった。

 任天堂の株価は年初来39%上昇し、日本株全体の5%高をはるかにアウトパフォームしているが、上げが一服するのも近いかもしれない。ただ、長期的には楽観視できる理由がある。

 第一に、任天堂は中国ゲーム最大手のテンセントとの提携により、巨大な中国市場に参入しようとしている。テンセントは現地で任天堂の家庭用ゲーム機「Switch(スイッチ)」を販売する予定だ。熱狂的ゲーマーは既にグレーマーケット(非正規の流通市場)でスイッチを入手している可能性が高いが、それでも正式に流通すれば販売を押し上げるはずだ。とはいえ、もうかる市場を構築するのは時間が掛かるかもしれない。中国では2015年までゲーム機販売が禁止されていたため、大半の人々はスマートフォンやパソコンでゲームをすることに慣れている。

 そこでモバイルの登場だ。これまでのところ任天堂のスマホ向け事業は大して成功していない。昨年のモバイル端末関連の売上高はわずか100億円程度で、同社の総売上高の約6%にとどまった。

 だが、それも変わるかもしれない。任天堂は今月、新作モバイルゲーム「ドクターマリオワールド」をリリースした。大半のモバイルゲームで一般的な基本プレイ無料のモデルには賛否両論あるが、その導入に向け前向きな姿勢がみられる。アイテム課金制のこうしたモデルは依存性が高いと批判されることが多いが、力強い収益を生むには確かに効果的なようだ。任天堂が今夏にリリース予定のレーシングゲーム「マリオカートツアー」は、とりわけ同モデルの高収益性を証明する可能性がある。マリオカートツアーは大ヒットすると広く予想されている。ゲーム市場調査会社ニューズーは昨年、モバイルゲームがうまく行けば、任天堂の売上高を25億ドル押し上げる可能性があるとの推計を示していた。

 任天堂はまたすぐ命綱を手にするかもしれない。


・・・としていて、スマホゲーを特に強くプッシュしていく姿勢を見せているとしていて、その辺はどうなるかですね。とにかく課金が醜いとユーザー離れを起こしますから、その辺任天堂はどう考えているかですね。スイッチも既存の市場にはなかった中国での展開が好機となるかでしょうね。


関連リンク



 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ななしさん  

シャッチョサン「早期に1000億!!!!!!!」
ttp://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-60501.html

公言しちゃったんだからしょうがないよね^^
早めにごめんなさいした方が良いと思うけどな

2019/08/01 (Thu) 17:06 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

まぁスマホで1000億円なんてどでかいことをいってしまったので、
それは撤回せざる得ないかもしれないですね。スマホを柱に
と古川社長が語っていたものの、それはちょっと違う気がすると
自分は思っていたので、本業で頑張ってほしいと願うところですね。

2019/08/01 (Thu) 17:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment