ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲームソフトの値段について、定価が1万円近くするものもあることについて日本のゲーム市場のあり方はどうなのかというコラム記事(リライト記事)



ゲームソフトの値段について、定価が1万円近くするものもあることについて日本のゲーム市場のあり方はどうなのかというコラム記事(リライト記事)先日新サクラ大戦が通常版の定価が9680円もすることを知ってちょっとびっくりしたんですよね。


ゲームソフトというのはゲーム機本体にディスク、カートリッジ、又はDLしてソフトを購入することで初めて遊び事ができるコンシューマーゲーム機を指していますが、古くはファミコン時代、任天堂がファミリーコンピュータを14800円で出して、ソフトが大体4500円~5500円の時代でした。

しかし、その時代は物価がまだ高く、そして、娯楽にかけられるお金もそれほど多くはなかったと思います。そして、景気がより良くなり始めて、PCエンジン、メガドライブなどのハードが出たんですが、その頃もまだソフトは安定して安かったんですね。よくメガドライブの16MBITなどの定価が7800円~8800円したよという声を聴くんですが、それはゲームショップ屋が今とは違い、比べもにならない位存在していて、そこでは一般的に2割引きが新品で当たり前の時代だったんですね。

その後スーファミも出ますが、それら作品も2割引きが相場で、大体7000円位で買えたんですね。これはどの地域でもそのような現象があった時代だったんですね。その後、価格破壊を引き起こしたのが初代PSで、CD-ROMを導入したのはPCエンジンやメガCDですでに実装されていましたが、3Dポリゴンしかやらないハード設計、ソフトは定価5800円、コンビニ流通のデジキューブを立ち上げ、手軽にコンビニで買えるという時代が到来します。

任天堂はスーパーマリオ64が定価9000円以上していたのですが、任天堂も追随しなければならず、その後6800円まで定価が下がる事を実現しています。セガもサターンでバーチャファイターを8800円で出したんですが、すぐにSCEに対抗して5800円~6800円のソフト価格帯に落ち着きます。

その後ドリームキャスト、GC、PS2、初代XBOXと同じ価格帯を維持、又wii、PS3、XBOX360とXBOXなっても定価が5800円~7800円が中心で、まだまだゲームソフトが売れていた時代だったのが功を奏していました。しかし、PS4、XBOXOne、そしてニンテンドースイッチの時代になると、特にPS4とXBOXOneは開発費が高騰して、ソフトで売ることで儲ける仕組みが崩壊しかかっていて、8000円9000円が当たり前に値段としてつくようになっていきます。

先日の新サクラ大戦の定価がPS4独占で9680円ですから、そして、昔のようにゲームショップがあって、2割引きなんてないですからね。アマゾンで買えば多少は安くなるでしょうが、その辺は12月12日発売なので未知数です。ファイナルファンタジー7リメイクなど、特にPS4専用ソフトが高くなる傾向がありますね。

これは海外で元を取るという今の時代のスタイルに合わせている部分と、日本ではそれほどビックヒットを見込めない場合値段を吊り上げる傾向になり、PS2時代は50万本、100万本なんてざらでしたから、今のソフトウェアランキングのような悲惨な任天堂無双の売り上げに偏ってはおらず、30万本国内で売れれば御の字という時代とは訳が違いましたね。今は良心的な価格をつけるメーカーはすっかり減ってしまい、任天堂位になってしまいました。

それは世界でも売れて1000万本クラスのソフトが複数かかえていますから、それ以外のタイトルも500万本とか売れるのがざらなので、ゼノブレイド2はソフトが任天堂としては高い税別7980円でしたが、それ位が上限ですね。それでも全世界で200万本以上売れていますから、まだましなほうであって、龍が如くなど、じり貧になっていったIPなどは値段が高くなる一方で、気軽にゲームに触れられるスマホゲーに更にお客を奪われないか心配になる位です。

基本無料ゲーほど高くつき、ストレスのたまるものはないと自分は自負していますが、みんなが同じ考え方だとは思いませんし、むしろ無料で触れることが当たり前のスマホ世代のゲーマーは何を言っているんだという声が聞こえてきそうです。方や無料、方や1万近くと極端すぎる現実が双璧として成り立っており、この現実はちょっと変えられないのかという懸念を感じてしまいます。

ゲームをやる上で、ハードルを下げなければならないのに、逆に上げてしまってどうするという感じで、まぁ経営が苦しいのかもしれませんが、もっと考えてほしい次第ですよね。



定価が上がり、マイクロトランザクションが横行して、DLCビジネスが強まり、ゲームがますます高騰していますよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

10 Comments

ゲーム情報さん  

先日3000円もの体験版を出してまた延期かと危惧されたものの、やっと決まった十三機兵も通常版でさえ目が飛び出る価格でしたね・・
セガ・アトラスはとくに高いうえに追加商法がまた高額で顕著ですが、日本もアメリカみたいに通常版に限り一律6000円までの上限が決まっていると良いですね
その分プレミアム版は20000円だろうがいいと思うんですね、元来が熱烈ファン用ですから

しかしカタログチケットは思い切ったことをしましたが、ユーザーにはありがたいのと同時にこれぞ本来パッケージ版とダウンロード版の差別化としての正しいあり方と断言していいように思います
中古に流れて新品への影響もないのに、値引きが当たり前のパッケージ版より売れないDL価格のほうが高い現状ってありえないですよね

2019/07/29 (Mon) 01:26 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。会社によって、値段のつけ方はまちまちですが、
やっぱりセガ系は高いですよね。スイッチのカタログチケットは
ニンテンドースイッチライトが出るため、その配慮も感じられる
物だと思いますし、購買欲が増す機会としていい判断でしたよね。
アメリカを見ると日本の値段のつけ方が割に合わないなぁと感じますが
その分EAなどがマイクロトランザクションで儲けようと画策
している訳ですから、どうなのかなという気もしますね。

2019/07/29 (Mon) 01:40 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

サクラ大戦の価格は10%の税込みなのにゼノブレイド2は税抜きの価格になっているのはおかしい。サクラ大戦は税抜きで8800円でゼノブレイド2は7980円、それと有料DLC込みだと合計10000円を超えるし、単純比較は出来ないと思うけど。
まあサクラ大戦も有料DLCがあるかもしれないが。

そもそもファーストタイトルとサードタイトルで価格設定を比較するのもあまり適切とは言えない。
ファーストは本体普及させるためにそんなに高い設定にはしない事が多い。
例えばSIEのファーストタイトルはだいたい税抜き6900円という事が多いし任天堂もマリオやポケモンといった大衆タイトルの価格設定は抑えるし有料DLCもない事が多い。
サードはハードの普及とかは抜きにしたソフトでの商売を考えた価格設定だし、コア向けだとなおさら価格設定は高くなる。
任天堂もゼノブレイド2やFE等といったコアゲーでは有料DLCを採用しているし、コアゲーでは少しでも単価を上げたいのはごく普通の感覚であって、そうして稼いでこそ続編に繋がる場合もある。

ユーザーとしては少しでも価格が安い事に越した事はないけど、家庭用ゲーム業界の現状を考えるとやむを得ない部分もあるよ。

2019/07/29 (Mon) 16:59 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

まぁそうですね。サクラ大戦は8800円でしたか。ご指摘ありがとうございます。
ファーストタイトルではないので、その分戦略的価格はとりずらいというのは
わかりますね。セガも今ではサードなので、利益最優先という意味合いも
ありますし、その辺ははある程度は仕方ないでしょうね。
ただ、30万本~50万本を国内でうりたいのであれば、この強気の価格設定
は裏目に出るとは個人的には思います。初めて手に入れる人は値崩れするまで
待つのは明白で、ロンチ時期に買いたい人はやはり往年のゲーマーに
なってしまいます。それ位インパクトはあると感じますね。

2019/07/29 (Mon) 17:18 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

そもそも30万~50万売れるとも思っていないだろうな。
サクラ大戦のピークは20年以上前で、久しぶりに新作を出してピークの頃に近い売上が出せるとはセガも思っていないだろうし、だからこそ価格も高めに設定して単価を上げているという事。
まあ海外ではどの程度行くかは分からないけど戦闘システムを変えている辺りは海外受けも狙っていそうだな。

2019/07/29 (Mon) 17:49 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。サクラ大戦は30万本以下を今までのシリーズで
出していなかったんですが、さすがに、今の時代で復活しても
ちょっと新規は厳しく、古参は減っているという可能性が
高いですね。海外ウケを狙っているのはバトルがアクション
になっているので可能性は大いにありますね。どこまで
売れるかというのははっきりいって全く分からないですよね。

2019/07/29 (Mon) 18:01 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

2005年にPS2で出たサクラ大戦Vが15万本程度の売上しかなくてシリーズの新作が出なくなった。
そこから14年経って復活させていくらタイトルに「新」を付けても大きく売上が上がる可能性は低いし価格を下げても下げた分だけ売上が上がるというものでもない。

個人的にはセガがここまで力を入れて再始動させているのが疑問なタイトル。
他にも力を入れほしいセガタイトルがあるんだけどな。

2019/07/29 (Mon) 18:21 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

PS2版がその程度だったんですね。ご指摘ありがとうございます。
セガフェスでの人気投票で1位になったのが根拠でそこから
動いていますから、固定客がしっかりといたということなんでしょうね。
もっと幅広いところで大きな集票をすれば又結果ははっきりいって
全然違った形になったのは明らかなので、その辺はやや偏っている
と思います。ジェットセットラジオなんかは個人的には
復活させても面白いと思うんですけどね。

2019/07/29 (Mon) 18:30 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

売れないと思われてるゲームは価格設定がお高いですね
それもまぁしょうがないかなと
シリーズ展開されていてシリーズのファンはそれでも買うと思いますが
新規で買う人は間違い無く減りますね
双方にとって良い事ではないですね

2019/12/07 (Sat) 11:59 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。新規に入ってくる人たちが減るのは避けられない
ですよね。ソフトが売れない、価格が上がるという悪循環を
断ち切る何かが必要ですよね。それが見つかれば苦労は
しないんですが…

2019/12/07 (Sat) 13:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment