ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『映画版『マインクラフト』について、アナと雪の女王2の脚本家が担当!2022年完成に向けて制作が進むというyahoo!記事が掲載中。



映画版『マインクラフト』について、アナと雪の女王2の脚本家が担当!というyahoo!記事が掲載中。着々と準備は進んでおり、スケジュール通りに進めば公開は2022年になるとして、まだまだ先の話のようですね。





[映画.com ニュース]米ワーナー・ブラザースが準備を進める人気ゲームの映画化「マインクラフト ザ・ムービー(原題)」を、「アナと雪の女王2」の脚本家が執筆することになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「Minecraft(マインクラフト)」とはブロックを置いて冒険をするゲームで、「サバイバルモード」ではプレイヤーは食料を得たり、家を立てるために、ワールドを探索して資源を探索。「クリエイティブモード」では、プレイヤーは想像するものをなんでも作ることができ、無限の資源が与えられるという設定だ。デスクトップや家庭用ゲーム機、携帯デバイスなどさまざまなプラットフォームで展開している。

 ワーナーは同ゲームの映像化権を2014年に取得。当初は、「フィラデルフィアは今日も晴れ」の企画・製作総指揮・出演のロブ・マケルヘニーが監督を手がける予定だったが、その後、「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」のピーター・ソレット監督に交代。一時期は、スティーブ・カレルが出演に興味を示していたことでも知られる。

 このたび、ワーナーとゲーム開発会社Mojang、プロデューサーのロブ・リー(「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」)とジョン・バーグ(「アクアマン」)は、「Minecraft」の映画化にあたり新たなアプローチを取ることを決定。今年11月に世界公開を控える注目作「アナと雪の女王2」を執筆したアリソン・シュローダーに脚本執筆を依頼した。シュローダーは、「ドリーム」をセオドア・メルフィと、「プーと大人になった僕」をアレックス・ロス・ペリーとトム・マッカーシーと共同執筆したことで知られている実力派だ。

 なお、「マインクラフト ザ・ムービー(原題)」の全米公開は2022年3月4日を予定している。


・・・としていて、今から2年半後というまだまだ先の話ですが、制作は着々と準備を進めており、フルCG映画になるようですね。クリエイターのエゴ丸出しのソニックのようにならないように注意を払って作ってほしいですね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment