ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『バンダイナムコが今もリアルエンターテイメントに進出する意義を見い出しているとした東洋経済記事』が掲載中。



バンダイナムコが今もリアルエンターテイメントに進出する意義を見い出しているとした東洋経済記事が掲載中。アミューズメント施設の延長線上にあるものであって、それらがどんな狙いをもってプランを練っているのかといえますね。



「太鼓の達人」「パックマン」「ガンダム」「マリオカートアーケードグランプリ」「ドラゴンクエスト」「みんなのGOLF」……超人気アニメやゲームの世界に入り込んで遊べる。そんな夢のような施設が東京・池袋のサンシャインシティに登場した。

 2019年7月12日に開業したのは、バーチャル・リアリティー(VR)を活用したテーマパーク型エンターテインメント施設「MAZARIA(マザリア)」だ。バンダイナムコグループのリアルエンターテインメント事業部門、バンダイナムコアミューズメントによる新しいコンセプトの施設である。

■最新技術と空間演出が生む新しいテーマパーク

 MAZARIAは、VRゴーグルとアミューズメント機器を組み合わせた最新技術と空間演出を通して、ユーザーがさまざまな形で思い描くアニメやゲームの世界に入り込む「アクティビティ」と呼ばれるアトラクションで構成された屋内型施設である。

 遊園地・テーマパークという位置づけが強く、世界観を作り込んだ4つのゾーン(フェスティバル・アドベンチャー・パニック・SF)に約20のアクティビティが設置されている。

 「ギャラガ」「太鼓の達人」「パックマン」など同社の往年の名作のほか、「ガンダム」「エヴァンゲリオン」「装甲騎兵ボトムズ」「ゴジラ」「マリオカートアーケードグランプリ」「ドラゴンクエスト」「みんなのGOLF」といった、他社のコンテンツによるアクティビティもあるのが特徴だ。

 また、施設内全体が空間演出されており、アトラクションを楽しむだけでなく、さまざまな楽しみ方が考えられる。来場者の想定滞在時間を約5時間程度と見込みつつ、飲食店やスーベニアショップも併設している。

 隣接する同社のテーマパーク「ナンジャタウン」との行き来も可能で、入場料は、MAZARIAのみで大人1日4500円(子ども2900円)で、ナンジャタウンとのセットで5500円(子ども3700円)となっている。

 立地するサンシャインシティ周辺はポップカルチャーの中心地としてハロウィンなどの仮装・コスプレでも有名であり、同施設もそのような楽しみを歓迎し、現在具体的な検討を進めている。

 これまでのバンダイナムコアミューズメントの歴史を踏まえ、代表的な作品をVRとしてリメイクしたほか、館内に「未来忍者」「パラデューク」から「スターブレード」「ギャラクシアン3」などのゲームソフトウェアのパネルを展示している。

 プロジェクションマッピングに投影された「パックマン」を楽しむこともできる。このように、最新技術のエンターテインメント施設であるが、これまで同社の多くのゲームを愛してきたファンへの気遣いも手厚い。

■テーマパーク事業を生かしたコンセプト構築

 MAZARIAはこれまで同社が手がけてきたテーマパークやVR体験施設の運営や空間演出を生かしたもので、その集大成ともいえる。

 テーマパーク事業において同社は1992年には自社の作品を活用したテーマパークとして二子玉川「ナムコ・ワンダーエッグ」(2000年閉園)を開園、1996年にはサンシャインシティ内に屋内型テーマパーク「ナンジャタウン」がオープン、また2013年から2019年にかけてその一部が集英社・週刊少年ジャンプのマンガ作品のテーマパーク「J-WORLD TOKYO」となった。

 これらで培われた自社・他社コンテンツの活用や空間演出の経験が今回も生かされている。また、VR体験施設としては新宿に「VR ZONE SHINJUKU」が2017年から2019年まで開設され、そこで稼働したアクティビティを水平展開する形で国内外各地にVR ZONEが広がっている。

 このように、MAZARIAは同社にとって、これまでのテーマパーク運営、自社や他社のコンテンツの活用、そしてVR体験施設の経験を生かした常設のエンターテインメント施設であるといえる。

 開発に携わったバンダイナムコアミューズメントの小山順一朗氏と田宮幸春氏によると、来場者は特別なアクティビティ以外入場料のみで楽しめること、各アクティビティを楽しむ際に映像の活用などにより言葉による説明を減らし簡単に楽しめるような形にするなど、非日常を楽しむための仕掛けに配慮したという。

 このような取り組みは単に非日常性を生み出すだけでなく、運営コストの減少や外国人観光客への対応にもプラスの面で作用すると考えられる。


・・・としていて、テーマーパークの施設の未来像を描いたものになっており、それがエンターテイメントとして整理する多くのゲームを集めた施設で、ゲームそのものは知らなくても遊んでみて体感することでビジョンが共有出来るもののようですね。バンダイナムコのこの積極的な姿勢はこれからのアミューズメント事業を展開する各社にも刺激を与えそうですね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment