ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『マイクロソフトが純利益が49%増、ゲーム専用機の売り上げ減を補ったと伝える記事』が掲載中。



マイクロソフトが純利益が49%増、ゲーム専用機の売り上げ減を補ったと伝える記事が掲載中。XBOX事業はうまくいっているらしいですが、今はプロジェクトスカーレットの移行期なので、それらが結果を出すまでは厳しいかもしれないですね。


米マイクロソフトが18日発表した2019年4~6月期の純利益は、前年同期比49%増の131億8700万ドル(約1兆4100億円)だった。売上高は12%増の337億1700万ドルで、いずれも過去最高を更新した。クラウドサービスの販売拡大が続いており、ゲーム専用機の販売減を補った。継続的に収益を得るビジネスモデルが確立しつつある。

クラウドを介して計算処理の能力を提供する「アジュール」事業の売り上げ成長率は64%だった。89%増だった前年同期や73%増だった19年1~3月期と比べると伸び率は鈍ったが、依然として高成長が続いている。「ワード」や「エクセル」など業務ソフトをサービスとして提供する「オフィス365(企業向け)」の売上高も前年同期比で31%増えた。

ビジネス向けのSNS(交流サイト)「リンクトイン」の事業収入は25%拡大した。ゲーム専用機「Xbox」の販売が落ち込んで10%の減収となったゲーム事業を除き、主要な事業で増収を確保した。

19年6月期通期の売上高は14%増の1258億4300万ドル、純利益は約2.4倍の392億4000万ドルで、ともに過去最高。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「あらゆる産業のリーダー企業との深い協業によって、過去最高を達成した」と述べた。


・・・としていて、XBOXの販売は10%減というもので、決して小さくはない数字になっており、フィルスペンサー氏もこのことをどう感じているかでしょうね。プロジェクトスカーレットは来年の年末なだけに、そこまで持ちこたえる作品が来年にはあるかといえそうで、それまでは辛抱するしかないかもしれないですね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment