ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『IGNの4万人規模の調査によって、PS5への興味がマイクロソフトや任天堂を勝っていることを伝えている記事』が掲載中。



IGNの4万人規模の調査によって、PS5への興味がマイクロソフトや任天堂を勝っていることを伝えている記事が掲載中。今年のホリデーでPS4は1億台に到達するだろうとしており、マイクロソフトのかじ取りはどうなるのかとしていますね。


多くの点で、コンソール戦争はマイクロソフトにとって終わったものになっているといえて、XBOXOneの売上高をすでに伝えるのをやめていて、その代わりに株主に対し、エンゲージメント数値の共有に切り替えていて、その間、ニンテンドースイッチが短期間でありながらXBOXOneの本体台数を抜き去る可能性もあり、今年のホリデーではPS4が1億台に達する見通しで、スイッチがXBOXOneを売り上げを上回るのは避けられないだろうとした上で、来年はプロジェクトスカーレットとPS5が出る年になり、次世代への移行が進む中で、4万人規模のIGNの独自調査によって、大多数のゲーマーが次世代ゲームシステムに興味を示し、その中で、ソニーが任天堂やマイクロソフトよりも勝っていることが伝わり、今後この形成が維持されたまま推移するかどうか注目されます。


・・・としていて、今のPS4の圧倒的な強さを感じるとハードコアゲーマーはソニーを再び選ぶだろうとしており、その辺はその牙城を食い止めるのはマイクロソフトしかいないのが現状ですね。任天堂の場合、第3のハードという勢力になっていて、スイッチはさらにスイッチライトと従来型のハイブリット機としての価値提案のため、ハードコアゲーマー向けのスタンダードモデルでの次世代争いには加わらないでしょうね。PS5がぶっちぎるのか、プロジェクトスカーレットが待ったをかけるのかは今後のソフトの展開とハードスペックがどちらが勝っているかなど、今後明かされる情報戦略にかかっていますね。


関連リンク


 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

PS5とMS次世代、どっちが先に出すのか見ものですね

2019/07/20 (Sat) 13:27 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

どっちが先でしょうね。ホリデーシーズンはお互い狙っているでしょうから
それに合わせてくるでしょうが9月~11月には出そうですよね。
今回はSSD、レイトレーシング、Zen2プロセッサーとお互い
ターゲットが酷似しているので差別化がどうなるかでしょうね。

2019/07/20 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment