ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチの従来版のバッテリーが最大9時間まで持続する新機種に変更されるとしたyahoo!記事』が掲載中。



ニンテンドースイッチの従来版のバッテリーが最大9時間まで持続する新機種に変更されるとしたyahoo!記事が掲載中。スイッチライトよりも長持ちで、事実上このハードが一番長く携帯できるものであって、肝心の値段は据え置きというもの。


 任天堂はバッテリー持続時間がこれまでよりも長くなった『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』の新モデルを7月17日に発表しました。

 現行モデルはバッテリー持続時間が約2.5~6.5時間でしたが、新モデルは約4.5~9.0時間と長くゲームを遊ぶことができるようです。先日発表された『Nintendo Switch Lite』は約3.0~7.0時間ですから、この新モデルが一番長くバッテリーがもつスイッチです。

 それ以外の変更点については発表されていません。

 海外メディア『The Verge』の報道では、任天堂がプロセッサとストレージをアップデートした新モデルを連邦通信委員会(FCC)に申請していたとあり、これらの改良されたパーツが消費電力効率を改善させたと推測されます。

 価格はこれまでと変わらず29,980円(税抜)。発売日は2019年8月下旬予定です。

 また、2019年9月27日にはこの新モデルの『ドラゴンクエストXI S ロトエディション』も発売されます。こちらの価格は39,960円(税抜)です。


・・・としていて、据え置き機版の値段も5000円位値引きしてもいいのではと感じてしまうんですよね。海外では据え置き機需要もありますから、ハイブリット機という従来型のコンセプトを継承するためにも値下げをしてほしかった気がしますが、任天堂はどんな判断をしているのかというのが気になるところですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

値引きしたうえでバッテリーアップとかはさすがにキレるかな…

2019/07/18 (Thu) 15:05 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

持っている人は怒るでしょうね。今から買う人に向けての提案として
バッテリーが長持ちするというものであって、スイッチライトと
1万円差があるので、そこを考えたらどうかというものですね。

2019/07/18 (Thu) 15:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment