ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『海外で特に人気になっていた『スーパーマリオメーカー2』のオリジナル作成コースが任天堂に削除されて話題になっているとした記事』が掲載中。



海外で特に人気になっていた『スーパーマリオメーカー2』のオリジナル作成コースが任天堂に削除されて話題になっているとした記事が掲載中。何ゆえ削除に至ったのかというのが曖昧で、しっかりと伝えていないのが気になりますね。


先月末に発売されたNintendo Switch専用ソフト『スーパーマリオメーカー2』はユーザーが自作コースを公式サーバー上にアップロードして公開できます。が、非常に難しく人気の自作コースが、米任天堂によって理由の詳細な説明なしに削除されたことが報じられています。

「スーパーマリオ」シリーズのスピードランナー(バグの利用込みでゲームの早解きをする人達)としても有名な“GrandoPOOBear“ことデビッド・ハント氏は、YouTubeでも何十万回も再生されていた超高難度コース「Pile of Poo:Kai-Zero G」がなぜか削除されていると嘆きの報告をツイート。同コースは削除される前夜までに1万500人がプレイし、そのうち1200人以上からいいね!を受け取っていました。

米任天堂は『スーパーマリオメーカー2』のコースに関して、バグの利用や不適切なコンテンツ(不快な言葉など)、自分ないし他人の個人情報や宣伝・広告を含むものは削除するとのポリシーを公表しています。

ハント氏は米任天堂に問い合わせ、回答されたメールも公開。その文中で同社は「不適切で有害なコンテンツ」を削除理由としていますが、どの箇所がそれに当たるかは言及なし。さらに本メールが「最終的な決定」であると宣告しており、それ以上の質問は受け付けない姿勢を打ち出しています。

コース名の「Pile of Poo」は直訳すれば「ウンチの山」という意味。それにコース内でもブロックで「Poo」という文字が書かれており、この表現が「不適切で有害」と解釈された可能性もあると思われます。


・・・としていて、明解な答えが帰ってきた訳ではなく、最終的な決定だとして覆らないとしながら、その理由が断定されていないのが気になるところで、日本でもこのような事態が起こるのかどうかといえますね。wiiU版ではそうしたことが特になかった気がしますし、何ゆえという事例ですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment