ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『本日7月15日は任天堂から発売された『ファミリーコンピュータ』の36歳の誕生日!歴代国内ソフトベスト10を紹介している記事』が掲載中。



本日7月15日は任天堂から発売された『ファミリーコンピュータ』の36歳の誕生日!歴代国内ソフトベスト10を紹介している記事が掲載中。いわゆるファミコン世代の人には懐かしいハードですが、どんなタイトルが支持されていたのか?



1983年7月15日に任天堂よりファミコンは発売され、販売終了までに6000万台を出荷した大ヒットゲーム機。
数々の名作ソフトを生み出し、それと共に沢山の思い出を残してくれた名機でもあります。


思い出を振り返りながら当時の話に花を咲かせることも良いですが、あまりにもソフト数が多い上に名作の定義も人それぞれ。
ですので、今回は歴代売り上げに焦点を絞り10本のソフトをピックアップ。


1位.スーパーマリオブラザーズ 681万本
世界で最も売れた、史上最も影響力があったゲーム。


2位.スーパーマリオブラザーズ3 384万本
内容が非常に多いのにセーブ機能は無しという鬼畜仕様。


3位.ドラゴンクエスト3 380万本
ぼうけんのしょがきえました。
セーブデータが消えやすいという子供達を絶望にたたき落とす仕様となっています。


4位.ドラゴンクエスト4 310万本
スピンオフ作品の「トルネコの大冒険」も非常に人気が高い。


5位.ゴルフ 246万本
数あるゴルフゲームのシステム基盤を築いた作品。


6位.ドラゴンクエスト2 240万本
ふっかつのじゅもんがちがいます。
52文字のパスワードを1文字でも間違えると再開不可能という理不尽な恐怖が付いて回る。

7位.ベースボール 235万本
野球ゲームの基礎を形作った作品。


8位.麻雀 213万本
「麻雀も出来るよ!」を決め台詞にファミコンが欲しい子供達の救世主となった作品。


9位.プロ野球ファミリースタジアム 205万本
タイトルの通り子供達が家に集まりスタジアムになってしまうこともしばしば。


10位.TETRIS 181万本
落ち物パズルの元祖。長時間プレイすると「テトリス・ハイ」という無我の境地に達するらしいです。


・・・としていて、意外?と初期の作品が凄く多いんですね。ベースボールのほうがファミスタより多いのは意外な結果ですね。スーパーマリオ3がかなり売れていて、ファミコン中期~後期で最大のヒット作ですね。この頃のゲームは~がゲーム化された!という意味合いが未だに強い黎明期の時代の作品が多くて、お父さんと楽しんだファミコン少年も多かったでしょうね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment