ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『8月30日に発売になるニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』のファイル容量が明らかになった記事』が掲載中。



8月30日に発売になるニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』のファイル容量が明らかになった記事が掲載中。制作しているのはプラチナゲームズなので、任天堂の謎の圧縮技術は使えない訳であって、どの程度の大きさかといえそう。


8月30日に発売になるニンテンドースイッチ『アストラルチェイン』のDL容量が明らかになって、実際の大きさは9.6GBであり、巨大すぎもせず、小さすぎもせずという大きさになるようで、DL派の人はSDカードが必要になるソフトといえそうです。


・・・としていて、約10GBという程度の大きさであって、スイッチのある種標準的な大きさかもしれないですね。制作しているのがプラチナゲームズであり、任天堂は販売だけの担当なので、謎の任天堂圧縮技術はないですから、その辺は考慮すべき作品でしょうね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

最近はSandiskのultraなんて高性能大容量128GBが1980円なんてお小遣いレベル以下ですからね
もう容量を気にするのはユーザーじゃなくカートリッジを出すメーカーだけかもしれません
64GBカートリッジ採用が先延ばしになったことに残念がったいた海外メーカーらですが、今どうなってるんですかね

2019/07/12 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうでしたね。64GBカートリッジが1年延期したという話から
音沙汰ないですよね。でも64GBという容量のソフトが出ていない気が
するので、多分まだ使われていないんでしょうね。容量の圧縮をして
出すのが当たり前化してしまったからか、製造コストを抑えたい
メーカーの思惑かといえそうですね。

2019/07/13 (Sat) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment