ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『CGと実写が融合したハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』は実写化映画では過去最大のヒット作になったと伝える記事』が掲載中。



CGと実写が融合したハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』は実写化映画では過去最大のヒット作になったと伝える記事が掲載中。それだけキャラクターの人気と試みがうまくいったものといえそうで、その辺を紹介していそうですね。



 
2019年5月3日に日本で先行公開された実写映画『名探偵ピカチュウ』。公開されるや、劇場には子ども連れに限らず、幅広い年齢の観客が詰めかけ、週末の映画動員ランキング(興行通信社調べ)で1位を獲得した。ポケモンが子どもだけでなく、老若男女に幅広く親しまれるコンテンツであることを世間に知らしめた。

 これは日本だけの現象ではない。5月10日に世界64カ国で同時公開されると、北米、中国、英国、イタリア、スペイン、オーストラリア、タイ、台湾、ウクライナでも初日興収ランキング1位を獲得。ゲームの実写化映画としてナンバーワンのヒット作へと駆け上がった。世界での興行収入は、19年6月末時点で4億2527万ドル(約459億円)を突破している(映画興行情報を発表している米Box Office Mojo調べ)。

ゲーム、グッズ……多方面で展開
 この映画の成功は、ポケットモンスターのIP戦略の1つでしかない。ゲーム企画会社のポケモン(東京・港)は、19年5月29日に開催した事業戦略発表会で、映画の元になったニンテンドー3DS向けゲーム『名探偵ピカチュウ』(18年発売)の完結編を、Nintendo Switch向けに開発していることを発表。19年秋には、渋谷に開業する渋谷PARCOに新たな拠点「ポケモンセンターシブヤ」を出店すること、ポケモン151種がデザインされたシャツを公式サイトからカスタマイズして注文できるサービス「ポケモンシャツ」の対象を全世界に拡大することも明らかにした(関連記事「ポケモンが「GO」の次に狙うのは睡眠 新ゲーム「スリープ」発表」)。


 さらに、“睡眠”をエンターテインメント化するゲーム『Pokemon Sleep(ポケモンスリープ)』も発表。20年のサービス開始に向け、米ナイアンティックと開発を進めているという。『ポケモンGO』でポケモンに接する世代の拡大に成功した2社が再び手を組み、さらなる飛躍を目指すことをアピールした。

 一部には、ポケットモンスターを「子ども向けの商品でしょ」と捉えている人もまだいるかもしれないが、それはもはや捨てるべき過去のイメージだ。ポケットモンスターは、世界中で受け入れられている大衆向けIPへと既に成長している。これは23年間にわたって、世界規模で行われたメディアミックス戦略のたまものだ。


・・・としていて、世界的ヒット映画に仕上がったとしており、ピカチュウのCG化には賛否があったものの、映画的には成功したとしていますね。同じくCG化したものの散々な出来だったソニックとは対照的に如何にクリエイターのエゴを抑えて、融合した作品に仕上げるかという焦点を見失わないことが大切ですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment