ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ニンテンドースイッチで8月1日に発売になる『Crash Team Racing』の環境面について、言及している記事』が掲載中。



ニンテンドースイッチで8月1日に発売になる『Crash Team Racing』の環境面について、言及している記事が掲載中。PS4&XBOXOne版も海外では出るだけに、その違いがどれだけあるのかといえますね。


ニンテンドースイッチで8月1日に発売になる『Crash Team Racing』の環境面について、Digital Foundryが言及していて、PS4&XBOXOneのファイル容量は16GBなのに対し、スイッチ版は6GBに圧縮されていて、ドッキング時は720pで、ローカル対戦プレイだと4人の場合、576pに減少して、又ポータブル時には480pであって、ドッキングしたときはシャドウ表現がやや優れているものの、ほとんど同じで、どちらも安定した30フレームレートで動作しているそうです。


・・・としていて、標準的なスイッチ環境面といえる部類でしょうね。スイッチ独占ではなく、PS4やXBOXでも出るゲームなので、この辺が大体環境的には当てはまる部分であって、レースゲームとして楽しめることについては何の問題もないですね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment