ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『思想は任天堂?それともPSNow?アップルからリリースされる『Apple Arcade』はブレイクするか?という記事』が掲載中。



思想は任天堂?それともPSNow?アップルからリリースされる『Apple Arcade』はブレイクするか?という記事が掲載中。一体どんな違いがあって、あえて分けているのかという部分もありそうで、その辺はしっかり確認したいですね。



ゲームファンを唸らせるガチのゲームを『iPhone』へ
広告・課金なしの安心感は思想的に任天堂に近いかも。
  多数のオリジナルゲームを定額で提供するというApple Arcadeですが、既存のApp Storeのゲームとはどう違うのでしょう?


西田 今あるスマホゲームは、Free-to-playがほとんど。無料でインストールできて敷居は低いけれど、アイテムで課金される仕組みで、かつ長くプレーさせるタイトルが多くなっています。一方、これだけスマホゲームが普及しても、いまだにコンソールゲームが売れ続けているのは、RPGのように終わりがあっても、もっと濃密で本格的なゲームを楽しみたい、ゲームファンがたくさんいるということ。Apple Arcadeは定額のプラットフォームだから、Free-to-playじゃない本格的なゲームが提供できる。そこが大きな違いです。

石川 任天堂のようにアイテム課金を嫌がっていたところが、乗っかってきたらおもしろいことになりそうですよね。さらに今回、アップルはプラットフォームを提供するだけでなく、自ら出資してオリジナルゲームを作ると言っている。5億ドル以上を投資するなんていう話も出ています。

西田 マイクロソフトやソニーも、クラウド型の定額サービスを強化するという話があるし、Googleもクラウド型のStadiaを発表済み。Apple Arcadeのダウンロード型とは違いがありますけど、ゲーム界全体が盛り上がっていきそう。

  『iPhone』向けだと、やはりスキマ時間にできるようなゲームが中心になるのでしょうか?

石川 『iPhone』だけでなくマルチプラットフォーム対応なので、いろいろ出てくると思いますよ。

西田 ただ新サービスに当たって残念なのは、プレー中のゲームの模様を配信できるような仕掛けがないこと。その点はGoogleのほうが一歩先を行ってますね。

ラインアップが全部オリジナルなのが新しい!コンソールゲーム並みの本格的なゲームが、月々定額で遊び放題に。タイトルはすべて新作、オリジナルとなる予定だ。


[対抗馬とココが違う!]vs. PlayStation Now既存サービスは、過去の人気タイトルが遊べるが、クラウド型のため高速通信環境が必須。Apple Arcadeは新作でダウンロードも可能。

Apple Arcade 表Apple Arcadeは、オリジナルゲームを100タイトル以上揃える計画。ゲームの数と質、価格とのバランスがポイントになる。

〈西田の読み〉無名の新作が受け入れられるか

ゲームは、アップルのお眼鏡にかなったオリジナルタイトルのみとなるため、聞いたことのないタイトルばかりになる。それがどう受け入れられるかが、ポイントになりそう。

〈石川の読み〉考えの近い任天堂と組めれば……

スマホ向けの『Super Mario Run』が当初高くて売れなかったのは、任天堂がアイテム課金を嫌がっていたから。アップルと考え方が近いし、両者が手を組めば大化けするかも!


・・・としていて、またしても定額サービスの登場というところであって、マルチプラットフォーム対応という点も見逃せないですね。これは思想は任天堂というより完全にPSNowのほうに近いものであって、クラウドゲーミングという点も一緒ですし、今後のゲーム最前線はどうなっていくのかという意味では注目の1つですね。


関連リンク


 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment