ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『海外調査にて、Google Stadiaなどのクラウドゲーミングサービスに興味を示している割合が、わずか15%に過ぎないという結果が出たとしている記事』が掲載中。



海外調査にて、Google Stadiaなどのクラウドゲーミングサービスに興味を示している割合が、わずか15%に過ぎないという結果が出たとしている記事が掲載中。非常に興味があるのは3%のみで、この現状を打開できるかといえますね。


Googleのゲーム業界参入によって、色めき立っている中、Netflix型のクラウドゲーミングサービスに対し、ゲームインダストリーの調査によって示されたデータは、現時点において、非常に興味があると答えたのはわずか3%であり、興味はあると回答したのは15%であって、国別の比較で、欧州でマーケットリーダーのイギリスでは、23%が興味を持っていて、それに続いたのは、フランスとスペインでそれぞれ14%であって、最も関心が低いのはドイツの10%で、興味がないと回答したのは75%に上っています。


・・・としていて、今のPS4やXBOX、ニンテンドースイッチで別に困ることはないですし、満足している結果でしょうね。クラウドゲーミングサービスによって、いつでもどこでも楽しめるというゲーミングスタイルの提案をしていますが、それがどれだけの大きな市場になるか、そして、買い取り型のサービスではないあくまでもレンタルなので、その辺がどう感じるかでしょうね。


関連リンク


 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

「ドイツの人は安物の食器セットなど買わず、
一年に1枚ずつ高級食器を買って
最終的に上質な食器セットを揃える」
なんて話を本で読んだことがあります。
本当のことなのか単なるジョークなのかは
わかりませんが、そうした国民性も
関係あるのかもしれませんね。

2019/06/28 (Fri) 13:09 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうなんですね。ドイツでは特に支持率が低いようですが
国民性もあるのかもというのはなかなか発想できない
ところでしたね。クラウドゲーミングがどれだけの
支持を集められるかはまだ未知数ですし、これから
ですが、すんなりとはうまくいかないかもしれませんね。

2019/06/28 (Fri) 13:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment