ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『6月23日はニンテンドー64が発売されて、ちょうど23周年!というyahoo!記事』が掲載中。



6月23日はニンテンドー64が発売されて、ちょうど23周年!というyahoo!記事が掲載中。セガサターンやプレイステーションを買わずにずっと待っていた任天堂ファンもいたでしょうし、スーパーマリオ64で度肝を抜いた出来に驚きましたね。


本日はこちらN64『ニンテンドー64』が発売23周年を迎えました!
1990年代中期に勃発していた次世代機戦争の最後発となった任天堂の第5世代ハード。32bit機であったプレイステーション、セガサターンの後発ながら64bitであることが注目されていながら発売が遅延し、価格も64発売時にはPS、SSとも2万円以下だったこともあり次世代機の中では普及が進まなかったハード。


とはいえ、標準で4人対戦ができるため、既存のゲームの4人対戦化はもちろん、スマブラやマリオパーティ等、その後も続くパーティタイトルを生み出したハードでもあります。ちなみに3Dスティックは「スリーディスティック」ではなく「さんディスティック」と呼ぶのが正しい呼称。

 
 祝23周年 1996年 6月23日発売
任天堂 N64
スーパーマリオ64


当然こちらも!N64『スーパーマリオ64』が発売23周年を迎えました!
スーパーマリオシリーズ初となる3Dアクションゲーム。いつものことながらクッパにさらわれたピーチ姫を救出すべく、キノコ城にある絵画の世界でパワースターを奪い返し、クッパを倒しにいくストーリー。パワーアップは、自由に空を飛べる「はねマリオ」、泳げないが水中を歩ける「メタルマリオ」、敵をすり抜けられる「とうめいマリオ」の3種類。
操作の自由度からショートカットや特殊なアクション等も無数に存在し、現在ではTASやRTA等のプレイ動画でもよく見かけるようになったタイトルの一つ。


・・・としていて、23周年というものですね。カートリッジを採用して、3Dスティックを標準搭載して、グラフィックもテクスチャーカラーの色が豊富に使えたり、1996年当時の技術を用いて作られたハードでしたが、プログラムが難解すぎて作りづらかったのがサードパーティーの疎外になっていましたね。それを反省してゲームキューブが作られましたが、PSの勢いを止められなかったですね。その後任天堂はハードの進化追求を辞めて、独自路線に舵を切ることになりますね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment