ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『マイクロソフトが次世代機『プロジェクトスカーレット』を1つに絞った理由を探るという記事』が掲載中。



マイクロソフトが次世代機『プロジェクトスカーレット』を1つに絞った理由を探るという記事が掲載中。当初は2つ以上あると噂されていた中で、1本にした可能性が高いとされており、その訳とはというもののようですね。



マイクロソフトが次世代機として用意しているプロジェクトスカーレットに対し、当初は複数のモデルがあると伝えられていて、それらが白紙撤回されたと報じられた中で、なぜそのようなことになったのか考察していて、スカーレットをリークしていたXBOXインサイダー、Brad Sams氏が伝えるところでは、複数の理由が存在して、まず、ビジネスモデル的に見て、上位機種と目されていたAnacondaと下位機種のLockhartに対し、開発者は両方のコンソールで実行できなければならず、それは下位に合わせなければならない制約を生み、それはライバルでもあるPS5と競合する上で不利になるため、あえて下位機種のためにプログラムを設計しなおす手間とコストを避けるために廃止に至ったとして、又、Anacondaにおいて、そこまでお金をかけたくない人のための代替手段として、Lockhartを設定していたが、xCloudが進展して、どのプラットフォームでも関係なく実現可能になったことも影響があり、廃止に踏み切っただろうとのことです。


・・・としていて、クラウドバージョンなども当初は示唆されていたものの、完全に1本に絞ったとみていいですね。ハイエンド系として設計されていたもの1つになると、価格がどのくらいで販売されるのかというものであって、逆ザヤで発売に踏み切るかが最大の鍵を握りそうで、499ドルが理想ですが、399ドルで出す可能性も否定はできないですね。


関連リンク


 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment