ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『プラチナゲームズがニンテンドースイッチ独占でリリースされる『アストラルチェイン』に対し、田浦氏がどのようなゲームコンセプトを打ち出したかったのかということについて語っている記事』が掲載中。



プラチナゲームズがニンテンドースイッチ独占でリリースされる『アストラルチェイン』に対し、田浦氏がどのようなゲームコンセプトを打ち出したかったのかということについて語っている記事が掲載中。COOPプレイも可能になっているとのこと。


プラチナゲームズがニンテンドースイッチ独占でリリースされる『アストラルチェイン』に対し、田浦氏がどのようなゲームコンセプトを打ち出したかったのかということについて語っていて、タイトルが示す通り、プレイヤーが2つのキャラクターを同時にコントロールしている間に、その間をつなぐチェーンによってリンクし、敵とのバトルを行うもので、シングルプレイの経験とは別に、2人プレイにも対応していて、ジョイコンを使ってキャラクターを操作できるとしており、スイッチのユニークな機能をより活用したいとして、互いのキャラクター同士が操作とゲームプレイに対し、協力し合わなければならないと指摘しています。


・・・としていて、てっきり1人プレイ専用ゲーかと思いきや、マルチプレイもできるとしていますね。より柔軟な協力プレイが必要になるとしており、その辺はシングルプレイとは又勝手が違うゲーム性を生み出しそうですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

なんとなくE3映像見てたら
ワンダフル101のときの、
「操作キャラが仲間を結集させて武器を形作って攻撃するときに、
別のヒーローにも仲間結集武器攻撃をCPU動作でやらせて同時攻撃できる」
という要素を思い出しました
どちらも任天堂パブリッシュのゲームですし、
101のその要素を発展させたゲームなのかな、とか想像してます。

2019/06/21 (Fri) 08:24 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。プラチナゲームズでも今回は新進気鋭の若手が中心に
なって作った作品らしいですけど、スーパーバイザーが神谷氏
らしいですよね。その辺も影響があるのかもしれませんね。
ゲームの映像を見ると、アクション性がかなり多彩なので
その辺はこの会社の持ち味が感じられますね。

2019/06/21 (Fri) 08:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment