ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『黒船上陸!モンスターゲーミングスマホ『Black Shark2』がそのベールを脱ぐ!という記事』が掲載中。



黒船上陸!モンスターゲーミングスマホ『Black Shark2』がそのベールを脱ぐ!という記事が掲載中。今あるIフォンやアンドロイドスマホとどれだけ違うのかというものであって、その辺を含めてチェックしていきたいですよね。


TAKUMI JAPANは6月15日に、東京・秋葉原の「e-sports SQUARE AKIHABARA」にて、「Black Shark2 日本上陸記念イベント」を開催した。

Black Shark2は今後ますます加速化するであろう「ハイエンドモバイルゲーム」を快適に楽しめるよう設計されたハイスペックなゲーミングスマートフォン。CPUにQualcomm Snapdragon 855、グラフィックスにAdreno 640 GPUを搭載し、12GBのメモリ(RAM)、256GBのストレージ(ROM)を持つ。ディスプレイは6.39インチの有機EL、解像度は1080×2349、バッテリーは4,000mAhの大容量と、まさにモンスターマシンだ。

モバイルゲーマーだけでなくストリーマーを考慮した機能も

もちろん、スペックだけでなくゲームを快適にプレイするための機能も満載だ。高性能マシンと宿命とも言える熱処理は、多層液体冷却システム、つまり水による冷却で効率を格段に高めている。さすがに4,000mAhの大容量バッテリーといえど、長時間ゲームをする際には充電しながらのプレイが求められるが、この冷却システムによって充電による発熱も軽減するという。排熱が効率的に行われることで、熱によるパフォーマンスの劣化を防ぎ、いつでも最適な状態でゲームをプレイできるのだ。

また、本体右側面に「Sharkキー」が搭載されており、これを起動させると、登録したゲーム以外のアプリが起動しなくなる。つまり、メールやSNSの通知が表示されないうえに、電話がかかってきても中断することなくゲームに集中できるわけだ。動画配信などをする場合にプライベートな通知が表示されることもないので、ストリーマーにとっても必須の機能と言えるだろう。

タッチレポートレート240Hzと、ディスプレイをタッチしてからの認識が速く、プレイヤーの操作が一瞬にしてゲームに反映される点も魅力の1つ。仮にまったく同じタイミングでシューティングゲームの銃を撃った場合、Black Shark2のほうが一瞬早いので、ゲームで有利を取れるだろう。

さらに、「マスタータッチ」という機能も搭載。これは通常の操作に加えて、圧力感知によって指を強く押し込んだ際に、割り当てた操作を実行できる機能だ。「指定した場所をタップする」という操作を行える。

両手持ちでTPSなどのスマホゲームをプレイする場合、従来は左指でキャラクターを移動させ、右親指で視点を切り替えながら射撃やジャンプといったアクションを行っていたはず。しかし「マスタータッチ」を活用すれば、左親指でキャラクターを移動させながら、その指を押し込むだけで射撃を行えるようになるのだ。操作が簡略化するだけでなく、反応速度も格段にアップするだろう。

通信アンテナの位置も工夫されている。通常だとスマホの四つ角に配置されているアンテナだが、両手持ちしたときに手で覆われて通信環境が悪くなることがあるため、それを防ぐために長辺中央部にもアンテナを配置し、安定した通信を行えるようにした。

そのほか、DisplayPort Alternate Modeに対応しており、USB typeC to HDMIケーブルやHDMI変換コネクタを使用すれば、HDMIでディスプレイに接続して画面を映し出せる。デフォルトで搭載されているスクリーンレコーダーは、ゲーム動画を配信する⼈にとってうれしい機能だろう。こういった面からプロゲーマーだけでなく、ストリーマーにもハマる要素が満載だとわかる。


・・・としていて、スマホでありながら水冷式というのも異例で、そして積まれているスペックも相当な部類になるので、そのインパクトは絶大ですね。あとはお値段がどれ位かというところですが、ゲーミングスマホに注ぐ熱量がある人は検討してみてはというものですね。ここまでしてスマホを強化したい人がどれだけいるか・・・


関連リンク


 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment