ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『龍が如くを名越氏はどんな思いで今まで続けてきたのかを聞かれて、それについて触れている記事』が掲載中。



龍が如くを名越氏はどんな思いで今まで続けてきたのかを聞かれて、それについて触れている記事が掲載中。とにかくハングリー精神が旺盛だったようで、そこからつながるものになったとしており、看板タイトルにまで成長しましたね。


セガの名越氏が、龍が如くを続けてきた訳とは、せっかくチャレンジだからやり残したことがないようにやりつくそうとしていて、みんなが何だこりゃと思っていても、SNSとかが盛り上がっていない時代に変わった人たちの口コミでここまで来たので、やり残すことのないように覚悟したことがあって、ユーザーの顔も今は見えてフレッシャーもあるが、もともとやり残したくないポリシーがある限りついてきてくれるだろうとして、新作の話はできないが、絶賛収録中で、メインなところも終わったとしています。キャストも豪華で、驚く人物が用意されているようです。又シナリオの質も桐生とは違う楽しめる男のドラマで、圧倒的にしゃべり、行動原理も違い、ドラマも変わるとしていて、いろんな意味で新鮮で、その分大変で、今のところはいえないとのことです。制作そのものは順調だそうです。


・・・としていて、新龍が如くも少しポロリが出た感ですね。ジャッジアイズでE3に行くものの、龍が如く関連の話もあるかもしれないとしていますね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment