ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『PS4は9680万台を達成、ソニーにおける最高益達成の原動力はゲームというyahoo!記事』が掲載中。



PS4は9680万台を達成、ソニーにおける最高益達成の原動力はゲームというyahoo!記事が掲載中。それだけPS4が強い利益を生み出しているようで、その辺はPS5にかける期待も非常に大きくなっているようですね。


ソニーは5月21日、代表執行役社長兼CEOの吉田憲一郎氏出席の下、2019年度経営方針説明会を開催した。2年連続で過去最高益を記録した2018年度を振り返るとともに、営業キャッシュフローや設備投資の増額など、中期経営計画の進捗についても発表した。

 今回の中期経営計画は「第3次中期経営計画」とされており、ソニー会長(6月で退任予定)の平井一夫氏が取り組んできた、2回に渡る中期経営計画との継続性があるとしている。

 2018年度の振り返りとしては、まず「2年連続の最高益を達成した原動力」(吉田氏)となったゲーム&ネットワークセグメント(G&NS)セグメントについて話した。「『PlayStation 4』のハードウェア累計販売台数は9680万台以上となっており、間もなく1億台という大きなマイルストーンに到達する。没入感を意味する『Immersive』と、いつでもどこでも切れ目なくゲームを楽しめる『Seamless』の2つのキーワードで今後の方向性を説明する」とした。

 Immersiveなゲーム体験として、次世代のコンソールについて言及。「コンソールはゲームの大切な軸。現在開発中の次世代コンソールでは描画スピードを飛躍的に向上させている」とし、「PS4 Pro」と次世代機の速度を比較したビデオを投映。「現在発売中のPS4はゲームキャラクターの移動速度に描画が追いつかなくなるため、移動速度に制限をかけているが、開発中の次世代機ではスピードの制約なく移動できるようになる。ユーザーは描画スピードの向上によって、ゲームに没入し続けられる」とした。

 一方、Seamlessについては、現在提供している、プレイステーションがゲームサーバーになり、ゲームの続きをPCやスマートフォンで楽しめる「PS4リモートプレイ」と「PlayStation Now」の2つのサービスを「プレイステーション・ストリーミング」として紹介。

 PS4リモートプレイは、最先端のストリーミング圧縮技術を投入し、低遅延かつ安定したサービスへと改善してきた取り組みや、iOS端末に対応したことなどについて話し、「次世代コンソールでもこの機能は受け継ぐ」とコメントした。

 合わせて、5月16日に発表したマイクロソフトとの協業についても言及。「幅広く、深く議論するために協業を結んだ。長い目でみるとクラウド化、ストリーミングの流れはくると思っている」と今後を見据える。

 このほか、音楽、映画のエンターテインメントセグメントについては「定額ストリーミングサービスの普及は、音楽、映像などエンターテインメントコンテンツの需要を増やしている。音楽、映画、テレビ、アニメなどのコンテンツ制作事業を持つ会社にとっては追い風」とし、コンテンツIPの強化を基本戦略に据える。


・・・としていて、PS4は1億台目前となっており、大成功したハードとしての実績が作られたという意味合いが大きいですね。その流れをそのままPS5に引き継げるかというのが大きな見方になってくるでしょうし、又ソニーも期待しているでしょうね。PS5がどんな驚きがあるのかによって、ハードの良しあしが感じられるかといえますね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment