ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『何故日本のゲーム業界は世界一から脱落したのかというニフティニュース記事』が掲載中。



何故日本のゲーム業界は世界一から脱落したのかというニフティニュース記事が掲載中。その辺はある意味わかりやすく解説されており、まぁ時代の流れもあって、今に至る部分でもあるので、その辺を垣間見たいですね。


■ネット対応が遅れて、日本のゲームは取り残された

――その後、2000年を超える頃から日本のゲームは世界一ではなくなってしまいます。

なにが起きたのでしょうか。

アメリカがゲームに本格的に力を入れ始めたのはXbox(2001)あたりからでしょう。ハリウッド映画と同じような方法論で、ヒトとカネをふんだんに使うようになりました。さらに韓国でパソコンを使ったネットワークゲームが流行しはじめていたのですが、日本はネットに対応しませんでした。資本力とネット対応という2点で後れを取るようになり、日本のゲームは取り残されてしまいました。

――日本のゲームが世界一だった当時のレジェンドたちに話を聞いて、どんな印象を持ちましたか。

80年代や90年代はまだまだゲーム業界は若かったので、セオリーやルールはなにも定まっていません。まさに未開のジャングルをナタで開拓していたような時代です。その頃って、どんなジャンルでも一番面白いですよね。

もう形ができあがっていて、「こうするのが正しいんだ」「違う作り方するとクソゲーになっちゃうからダメだよ」ってガチガチに固められるんじゃなくて、色んな試行錯誤があったり、「ゲームってこんなことができるんだ、じゃあ俺はこういうものを持ち込むぜ」とみんなが手を替え品を替え攻めていた時代は、僕も取材のしがいがあるし、実際面白いものがたくさん出てきていました。

■すごく活気のあるルネサンスのような時代だった

そしてドット絵の時代から、空間が描画できるポリゴンの登場という技術革新があって、そこで初めて、ゲームはスクロールだけのパズルやアクションものから、『ファイナルファンタジー』や『バイオハザード』のように、空間に入り込んで何かを疑似体験することが可能になりました。

これは娯楽における大きな革命でしたよね。

だからこそ作り手側も、「あれができるならこれもできる」「こんなジャンルはなかったよね」と次々と革命的な作品を投入してきた。すごく活気のあるルネサンスのような時代だったとあらためて思いました。


・・・としていて、90年代から始まった3Dポリゴン革命はある意味ゲームの概念を変えましたから、そこで生まれたゲームが独創的なものも多かったのは事実で、そこから売れ線のみを追求しだしてから独創的な部分が消えてしまい、オリジナリティも失われた形になりましたね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment