ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『テイクツーCEOが、Googleやマイクロソフトが提供するストリーミングサービスの将来について、楽観的な見方をしているという記事』が掲載中。



テイクツーCEOが、Googleやマイクロソフトが提供するストリーミングサービスの将来について、楽観的な見方をしているという記事が掲載中。それだけ将来性の高いサービスになるとしていて、どれだけの需要が見込めるかですね。



テイクツーのCEOがGoogleやマイクロソフト、ソニーが展開するストリーミングサービスに関して見解を述べていて、私たちは現時点でアクセスが不可能な消費者に対し、ストリーミングの技術によって、その概念は非常に楽観的で、事実上の障害がなくサービスにサインインできることは、その間にはセットボックス無しで、可能になるという意味において、それを低レイテンシーで実現できれば、非常に魅力的に映るとしています。



・・・としていて、マイクロソフトが現時点で示しているのが11Mbpsなので、日本のようにアップダウンが激しい地域だと、それをした回ることもあるので、まぁ自分の地域が光でありながらそれがままあるので、インフラ整備がどのように整うかというのとレイテンシーがどの基準に収まり、そして5Gがいつ現実的になるかなどの課題がありますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment