ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『テイクツーCEOが、次世代コンソールとなるPS5と次世代XBOXに関して、PS3やXBOX360ほど挑戦的なハードではないと指摘している記事』が掲載中。



テイクツーCEOが、次世代コンソールとなるPS5と次世代XBOXに関して、PS3やXBOX360ほど挑戦的なハードではないと指摘している記事が掲載中。技術的な面では心配していないらしいので、そういう意味合いが強いもののようですね。



テイクツーCEOが、次世代コンソールとなるPS5と次世代XBOXに関して、PS3やXBOX360ほど挑戦的なハードではないと指摘していて、ビジネス面においては、注意を払う必要があるが、技術的な面ではかなり進歩しているので、次世代ゲーム機によって、何かがクラッシュすることはないだろうとしており、PS3やXBOX360がHD機に移行した際と比べて、その大きな進展は期待していないそうです。


・・・としていて、PS5と次世代XBOXに関しては技術が追いついてるとアピールしていますね。それだけ開発も進展しているのかといえそうで、噂されているGTA6が出るのかどうかも今後は注目が集まりそうですね。


関連リンク


 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

PS3/360世代はマルチコアCPU・プログラマブルシェーダ・HD解像度と
なかなかに試練の嵐が吹き荒れた世代だったでしょうね・・・・・・・

PS3のCellはかなり槍玉に挙げられる存在ですが、
(Cell設計)当時はまだマルチコアCPUのゲームプログラムが一般的ではなかったので
完全に同じ形のコアが複数あるマルチコアではプログラミングしづらいのではないか、
という懸念があって、
一つのメインコアであるPPEとそこから仕事を割り振る複数のSPEという構成になったそうです
当時はそのくらい手探りの進化だったようですね。

そこからすれば今はPCアーキテクチャベースなら理想像がだいたい見えていて
あとはコストや電力や大きさと相談してどれくらいの商品にするか、
でまとめればいいわけですからねぇ

そのうち『昔はJaguar8コアとか・・・・・・へんたいだ・・・・・・』とか言われるのでしょうか

2019/05/17 (Fri) 06:07 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。マルチコアという概念がまだ薄かった時代だったんですよね。
HD対応も当時は大変だったみたいですし、その辺の時代の流れが
かなり厳しい世代だったのかもしれないですね。
特にCELLはプログラムがとても難しいといわれていたようですし
それを考えれば、PS5は制作は当時と比べてチャレンジする
意味合いは薄いのかもしれませんね。

2019/05/17 (Fri) 09:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment