ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『任天堂がIPを保有している『エターナルダークネス』に対し、制作していたシリコンスタジオがシャットダウンする際、権利を取り戻すことを画策していたという記事』が掲載中。



任天堂がIPを保有している『エターナルダークネス』に対し、制作していたシリコンスタジオがシャットダウンする際、権利を取り戻すことを画策していたという記事が掲載中。結局任天堂が保有するままであって、制作元も閉鎖してしまいましたね。



任天堂がIPを保有している『エターナルダークネス』に対し、制作していたシリコンスタジオがシャットダウンする際、権利を取り戻すことを画策していたとして、シリコンスタジオが徐々に弱体化して、閉鎖に向かっていた中で、権利を取り戻す過程にいたものの、それが完了することはなかったとして、精神的光景タイトルシャドウオブエターナルズを見るときに潜在的な交渉がまだあったが、それが実現するには至らなかったとしており、エターナルダークネスは100万本近く売れたタイトルで、任天堂コミュニティで未だに根強い支持があるだろうとしています。


・・・としていて、権利を放棄することを任天堂はしなかった訳で、逆に商標登録を伸ばしたニュースもあったので、動きそのものはあるのかというものでしたが、GCで出て以来、全く音沙汰がないタイトルで、制作したシリコンスタジオも閉鎖されてしまったので、このIPが復活の芽はないんでしょうね。往年のファンもそれ相応にいそうですし、ちょっと残念ですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment