ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『7月19日発売ニンテンドースイッチ『Marvel Ultimate Alliance 3: The Black Order』がどのようにマーベルと提携に至ったのかというのを語っている記事』が掲載中。


7月19日発売ニンテンドースイッチ『Marvel Ultimate Alliance 3: The Black Order』がどのようにマーベルと提携に至ったのかというのを語っている記事が掲載中。スイッチ独占作品になった経緯やそしてその理由などを知れるかというものですね。



ニンテンドースイッチ独占『Marvel Ultimate Alliance 3: The Black Order』がどのように提携されたのか、マーベルゲームズの副社長兼エグゼクティブプロデューサーのMike Jones氏が語っているところによると、10年間続編のなかった本作が、続編を作るというだけでは不十分だと感じていたとした上で、それに思いがけない何かが必要であって、ある日、私たちはその答えを見つけたとしていて、任天堂が手掛けていたスイッチの存在を知って、理解したときには、興奮して次のステップに進めると思えたとしており、又任天堂のBill Trinen氏もこのシリーズが長い間停滞していたが、本作はスイッチにとてもよくマッチしているとのことです。


・・・としていて、提携はすんなりといったみたいですね。スイッチの可能性に魅力を感じたとマーベルゲームズが語っており、それに対し、任天堂もマーベルコンテンツを独占で出せる意味合いを重要に感じていそうですね。世界中にファン層のいるマーベル系コンテンツですから、海外では注目されている1本でしょうね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment