ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ソニックに夢見館にメガモデム!速すぎたセガの名作たちというニフティ記事』が掲載中。



ソニックに夢見館にメガモデム!速すぎたセガの名作たちというニフティ記事が掲載中。時代を先取りすることが当時のセガのある意味バイタリティだったような気もしますし、それを楽しんでいたメガドライバーでしたよね。



1988年にセガから発売された家庭用ゲーム機、メガドライブが昨年30周年を迎えた。家庭用ゲーム機として他社に先駆けて16ビットCPUを搭載した本機。そのメガドライブの発売から約31年、3月30日に行われたイベント『セガフェス』で発表された、手のひらサイズの『メガドライブミニ』が9月19日に発売となる。

 メガドライブといえば、個性的なソフトの数々にも注目していただきたい。今回はそんなメガドラソフトのいいところを紹介する。

■マリオは遅すぎるぜ!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(1991年)

 スピンやダッシュで画面内を縦横無尽に走り回る青いハリネズミ、ソニック。名実ともにセガを代表するキャラクターだが、彼のデビューもメガドライブだったことはご存知だろうか?

「マリオに負けないキャラクターを」という目的で開発スタートした本作だが、メガドライブの高速処理を活かしたハイスピードアクションということで「音速」の名を冠したソニックが生み出された。「リングがひとつでも残っていれば死なない」というゆるいルールのおかげで、誰でも心ゆくまでスピード感を楽しめるゲームバランスとなった。

 なお、実際の処理速度はこれでもわざと遅くしているそうで、メガドライブ本気の能力では速過ぎてとてもゲームにならないのだとか。

■当時の最先端、全編ムービーゲームもあるぞ!『夢見館の物語』(1993年)

 メガドライブには「メガCD」というCD-ROMドライブが発売されており、これは単なる外付けドライブではなく、メガドライブ本体の性能を拡張する役割を果たしていた。ここで紹介する『夢見館の物語』はそのメガCDの性能を活かして、当時では珍しいムービー再生を実現していたゲームである。

 画面上には文字は一切なく、次々に再生されるムービーに対して方向キーやボタンを入力して、主人公の妹を探して館の中を探索することになる。ホラーとミステリーが入り混じった演出が素晴らしく、まさに名作のひとつだ。

 後のプレステやセガサターンではよく見られるようになったムービー演出をずっと前に実現していたメガドライブはやはり恐るべし!

■剣と魔法のありきたりRPGなんか作らない!『ファンタシースター2 還らざる時の終わりに』(1991年)

 現在でもオンラインに舞台を移し、シリーズが続いている『ファンタシースター』シリーズ。初代作はメガドライブより1世代前のセガ・マーク3用に発売されたゲームなのだが、『ドラクエ』『FF』といった人気RPGを持たないセガハードにとって、同シリーズはユーザーの期待を一身に受けたタイトルである。

 特徴的なのは、既存のRPGが大抵中世ファンタジーであるのに対し、『ファンタシースター』は3つの惑星を股にかけるSFテイスト。初代では主人公が女性キャラだったりと、ありきたりのRPGを作りたくないというセガの反骨精神がよく現れた作品となった。メガドライブではハードの発表時に『2』の発売がアナウンスされ、ハード購入の牽引力を担った。ちなみにタイトルの綴りは、「FANTASY」ではなくて「PHANTASY」。既存のビッグタイトルのイメージがあるからあえて「P」にしたそう。そういうひねくれ者の感じ、たまらない!


・・・としていて、メガドライブの個性的な作品が紹介されていますね。SFファンタジーRPGというのは今でこそ当たり前ですが、当時は斬新だったんですよね。そして、夢見館の物語は淡いグラフィックが逆にいい感じに仕上がっていて、ムービーの粗さがいい味を出していましたね。バーチャルシネマと銘打ってシリーズ化されましたし、この当時を知る人はいい思い出ですね。


関連リンク


 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment