ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5やXBOXシリーズXはスペック最優先主義で500ドルしてでもハイエンドなハードを目指すべきかというコラム記事(リライト記事)。



PS5やXBOXシリーズXはスペック最優先主義で500ドルしてでもハイエンドなハードを目指すべきかというコラム記事(リライト記事)。噂では499ドルになるという話もあるようですし、2020年を目途にどんな設計になるか?


PS5、XBOXシリーズXがすでに開発が進んでいると正式に公言されている中、PS5の設計の一部がマークサーニー氏によって発表されて、その圧倒的なスペックを垣間見れるものになっていましたが、SSD、Zen2CPU、ハブティックコントローラーなど、2020年ホリデーに出る最新のトレンドとなるハードウェアでのレイトレーシングゲームが活用されることが伝わっています。

そうなると、次世代機はかつてないほど高い値段でのスタートを切るのではないかと予想され、先行して噂が生まれたのは、PS5が499ドルで発売され、100ドルの逆ザヤになるのではないかというものでした。真相は不透明で、どのようになるかは不明ですが、PS3の時も逆ザヤで発売に踏み切った歴史があるだけに、ムーアの法則が崩壊して久しいので、どれだけの付加価値を次世代機では乗せることができるのかが決めてになってきそうですよね。

PS4やXBOXOneでは生み出せなかった表現力、そして、新しい可能性を感じる、それらを惹きつける魅惑的なソフトと課題ははっきりしているので、それらがすべてそろったときには、コアゲーマーの支持を受けて又圧倒的なシェアを誇ることが可能になるでしょうね。

そういう意味ではニンテンドースイッチが今後どのような道筋をたどるのか非常に興味深いです。どうぶつの森以降は3年目がピークになりかねない状況なので、2020年はソフトの弾がどれ位残っているのかから始まり、スイッチの開発の2巡目にさしかかるであろうタイトルが出てくるのかが決めてになりそうです。スイッチを4年であきらめることは考えにくく、5年~6年と長持ちさせるためには、どういうプランを練っているのかというのはPS5やXBOXシリーズX以上に難しく、そして難題だと思います。

PS5やXBOXシリーズXは海外で多いハードコアゲーマーにソフトを直接届けるという明快なビジョンがありますから、それさえ裏切らなければシェアの確保は一定数保てることが保証されている部分が現状あるので、あとは市場価格が幾らになるかという点と、それに見合った最先端スペックを有しているかが決め手になりますね。

スペックを最優先に掲げ、妥協をしない姿勢を貫いているので、PS5とXBOXシリーズXのスペックと値段の張りあいは外野から見てふたを開けてみてどうなるかは楽しみですよね。ただし、ゲーム性を飛躍的に上げることが可能なのか、そして、開発規模の拡大路線に限界が見え始め、その辺はどう補っていくかという別の問題点も浮上しているので、ハリウッド型ゲーム制作はそろそろ厳しい現実に直面しているので、AAAゲーだけではない、AAゲーやAゲーも日本産のゲームを含めてどのような展開を模索するのかはこの次世代ハードでひとつの道筋を作ることになりそうですね。

日本市場などを考えなければ、個人的には500ドルで、最新鋭のゲームが遊べるというのはそれはそれでいいと思います。ぶっちゃけ、もう据え置き機市場はスイッチなどが1000万台を突破していたりと日本ではハードコア路線は伸びないので、スイッチのようなハイブリット機や、1000万台にもはや届かないであろうPS4を見ても、海外市場をを最優先にしたハード設計で問題ないと思います。

それでも価格に対し、意外とシビアな面もあるので、如何にスペックが素晴らしく、買う価値があるかというのを大いにアピールしなければならないでしょうね。そういう点では、PS4やXBOXOne以上にいろいろなアピールを用意しているので、ゲーマーの期待を裏切らないことと、未来は明るいこともハードコア路線は継続していくこと共に存在感を示し、その一端がまずは2020年のE3のXBOXシリーズXで世界中が注目することになりますね。PS5もそれ以前に発表会を行いそうですからその辺も注目ですね。


予想していたよりだいぶ妥協をせずに思いっきりハードに詰め込んでいるので、その点は価格に跳ね返るのは間違いないので、いったい幾らになるかが想定しずらいですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

4 Comments

ゲーム情報さん  

あとシステムの快適性・利便性も、ですかねぇ
私はOne Xが発売されてしばらく経ってから
Xbox Oneプラットフォームがだいぶ成熟してきたのを確認して
One Sの購入に踏み切り、とても満足していますが、

Oneについてはそれこそ正式発表前から発売後もずっと追いかけていて、
発売されてからのMSの方針変更やアップデートによる
今のシステムの完成度に至るまでの波乱の道のりを知っているので、
発売日に買っていたらとっくに嫌気が差していたかもしれませんし....

任天堂曰く、
「GCからWiiへは例外的に(同じアーキテクチャなので)移行がスムーズに行った」らしいので、

大幅に性能は上がるもののAMD APU搭載のPCアーキテクチャであることは引き継いでいる
次世代PSと次世代Xboxも、今世代の(ソフトだけでなくOSや各種サービスなどの)ノウハウを
しっかり受け継いだ効率よく完成度の高いシステム作りを期待したいです

2019/05/10 (Fri) 02:26 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。PSやXBOXはAMDを継承するらしいですから、
その辺はアップグレードされたツールやアーキテクチャーで
ノウハウが生きた開発環境に期待したいですよね。
その辺は早期にソフトが出てくる環境に期待したいですし
PS4やXBOXOneの立ち上げよりスムーズであってほしいですね。
後はXBOXOneは波乱万丈でしたので、フィルスペンサー氏
にバトンを渡してからは問題ないと思いますね。

2019/05/10 (Fri) 10:11 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

マイクロソフトは日本にアジア担当部署を作ると言ってましたが、本当に設立するのかまだわからないですよね。人員が集まらなかったとかになってなくならないかが気がかりです。まぁ、360時代みたいにアピール宣伝はしないと思いますが。洋ゲーの良さを知ったのは360のおかげなので、頑張ってほしいなと思います。難しい国だとは思いますが。汗

2019/05/10 (Fri) 14:31 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

日本に部署を設立するとフィルスペンサー氏が語っていましたから
それがどう具体化していくかですよね。有言実行で今まで
成果を出してきた人なので、多分実現させるでしょうね。
それが次世代XBOXとタイミングが合えばいいですが・・・

2019/05/10 (Fri) 16:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment