ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ゲームを全くしないというシェンムーの生みの親鈴木裕氏はどこからインスピレーションを得ているのかという問いについて答えている記事』が掲載中。



ゲームを全くしないというシェンムーの生みの親鈴木裕氏はどこからインスピレーションを得ているのかという問いについて答えている記事が掲載中。ゲームをしないであのクオリティを生み出せるんですからすごいといえますね。


鈴木裕氏は、以前からビデオゲームを遊ぶ習慣がないと公言されている中で、ゲームを作成する際、どんなものから主にインスピレーションを得ているのかという問いについて答えていて、私は映画、建築、そして美術館が好きだとした上で、創造的なものから、これら種類を観察しているため、ゲーム以外の様々なところから得られているとしています。


・・・としていて、多方面でのこうしたパワーをもらっているようですよね。映画やゲームといったものからではない、創造的なアイディアから得ているとしており、クリエイティブさを磨いているみたいで、クリエイターの在り方の1つですね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

鈴木裕氏は『アウトラン』『バーチャファイター』『シェンムー』など
ゲームの外の世界のものをゲーム内に持ち込もう、という考えが強いですよね

私はバーチャ3はやったことないので聞きかじりになってしまいますが、
古来の実戦から生まれたものである格闘および拳法には
地形に対する得意不得意があるようだ、として
バーチャ3に傾斜等の要素を盛り込んだものの
格闘ゲーマーからは『狙ったコンボが決まらない』として不評だったとか

ある意味、氏のスタンスを象徴するエピソードの一つのような気がします

2019/05/10 (Fri) 02:09 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。鈴木裕氏はバーチャやアウトラン、スペースハリアー、
ハングオン、アフターバーナーなど映画などからもモチーフに
していますよね。バーチャ3の傾斜は賛否が分かれて結局
波及しなかったですが、意欲的な試みではありましたね。
とにかくゲーム外のものをインスピレーションを得ているようですね。

2019/05/10 (Fri) 10:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment