ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

XBOXシリーズXは日本人に向けてどうアピールすればいいのか?というコラム記事(リライト記事)



XBOXシリーズXは日本人に向けてどうアピールすればいいのか?というコラム記事(リライト記事)E32020で発表されるのは間違いない話で合って、ウィンドウズとのオールインワンパッケージを掲げたXBOXOneの後継機になりますね。



XBOX360で120万台まで日本でのシェアを伸ばしたものの、その次の世代となったXBOXOneはドンマトリックス氏の構想であるKinectが大外れして、結果PS4よりやや下回るスペックでの発売も重なり、500ドルした当初の価格も嫌われて、PS4に大きく水をあけられてしまいます。

そして、トップが交代、現XBOX担当のフィルスペンサー氏にバトンが回ります。そこで、Kinect構想そのものを見直し、本体を単体パッケージにする決断をいち早く実現、その後、北米市場を中心に立て直すプランにシフトします。そして、Kinectをその後事実上廃止して、失ったシェアを埋め合わせるか如く、ウィンドウズ10とのオールインワンパッケージ構想を打ち上げ、お互いにリンクし合う設計にチェンジしていきます。

ゲーミングPCは移り変わりが早く、最低10万円はするものが基本であって、その辺は本体が割安なXBOXOneの顧客の掘り起こしにもつながるものになり、そして、OS屋らしい展開として、XBOXGamePass、そして今度はクラウドゲーミング機を出す予定となっており、そうした多方面への進出が長けているメーカーではありますね。しかし、欧州、そしてとくに日本市場はとにかく壊滅的な市場になり、11万台程度しか普及せず、事実上の大敗北を喫してしまいます。

120万人いたXBOXゲーマーはどこにいってしまったのかというものですが、皮肉にも、ウィンドウズPCやスチームとの統合によって、そちらにどうも流れたらしき可能性が大きく、その辺はマイクロソフトとしてもある意味想定外だったのか、それとも予想通りだったのかといえますね。とにかく、日本市場というよりアジア市場を銘打たれて、そして、XBOXGamePassなどのサービスが全く稼働しておらず、11万人という小規模な世界では運営してもらえないということでしょうね。

そんな状況でXBOXシリーズXが出るんですが、フィルスペンサー氏は特に日本市場に力を入れるとたびたびコメントしており、それが実るのか、それとも口だけなのかというのは、フィルスペンサー氏が過去の仕事でほぼ有言実行で今までやってのけている実績があるため、口先だけではないのは確かですね。

それが果たしてどんな形で実るのかが未知数で、ただし、PS5とXBOXシリーズXというマルチ戦略が大手パブリッシャーの了解を取り付けているかのようなニュアンスで発言していたこともあったので、イコール日本市場向けゲームという位置づけになるかもしれません。又、PS5は最近の噂ではよりハイスペック重視でかなり高額になり、下手したら逆ザヤのスペック重視の路線になるとしているので、それがもし本当なら、XBOXシリーズXはどのようなハード構想を描いているのかといえそうです。

発売時期はともに2020年の年末という話ですが、XBOXシリーズXもかなりハイエンドな設計をしているらしいので、マークサーニー氏の設計が勝るのか、XBOXシリーズXのビジョンが勝るのかといえますね。ともにスタンドアローンの重厚長大なハイエンドゲームを主体性に持ったスペック重視の設計になるのは間違いなく、そして、日本同時発売の見通しはまだないものの、多分同時期には発売されそうですね。

初代XBOXは各社の意見を聞いて、発売を年末からずらして、2月22日に出して、ソフトをたくさんロンチに集またんですが実らなかったですよね。自分は同時期にジェットセットラジオフューチャーと本体を購入して満喫した思い出がありますが、果たして本体を買いたくなるロンチタイトルがあるかが気になるところです。ライバルのPS5はラストオブアスパート2、ゴーストオブツシマ、デスストランディング、PS5先行の噂のあるRDR2リマスターなど、噂で満ちています。

そんな中でも日本人が好むゲームをマイクロソフトが用意してくれるのかというのが非常に難しく、現状のままだと又100万台にははるか及ばない売り上げに終始してしまいかねないのは避けられないと思います。何が売りになり、何がセールスなのかを明確にアピールするとともに、PS5を蹴ってででもXBOXシリーズXを買いたいと思わせるファーストゲームが集まるかでしょうね。XBOXゲームスタジオはいろんな会社を買収して子会社が増えたんですが、それらが軌道に乗るのは2年~3年かかるとフィルスペンサー氏自身が認めているだけに、よーいドンで勝負なるかというのが気になるところです。


お互いにハード構成は似ているものになったので、あとはやっぱりソフト面で差をつけるしか方法論はないですね。しかしXBOXの2年間上位機種扱いがどうなるかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment