ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『キャプテン翼のトレンディーカードゲームで逆転人生という東洋経済記事』が掲載中。



キャプテン翼のトレンディーカードゲームで逆転人生という東洋経済記事が掲載中。今若者で再びブームになっているらしいこのカードゲームですが、その内訳をみるとともに、如何にして人気を勝ち得たのかというものですね。


――まず、和田さんは元プロプレーヤーということですが、そもそもプロプレーヤーが存在していることに驚きました。それは、どういったものなのでしょうか。

プロと言っても、賞金で食べていくとかそういう意味ではないです。「マジック:ザ・ギャザリング」の場合、カードを作っている会社がプロプレーヤー認定制度をやっています。地域の大会から世界選手権までトーナメントがしっかり整備されていて、ある一定以上のレベルがプロプレーヤーです。

これは私がプロプレーヤーだったときの話になりますが、プロの中にも、シルバー、ゴールド、プラチナというランクがあります。(いちばん上位の)プラチナになると、年4回のプロだけが参加できる招待制の世界大会に出られて、出るたびに30万円ほどもらえたりします。プラチナは世界で30人くらいです。私はシルバーだったので、プロシーンの入り口に立った程度です。

――和田さんは、シドニー、シカゴ、バンクーバー、ブリュッセルなど世界で開かれる大会に参加されたと聞きました。もともとトレーディングカードゲームを始めた動機は、やはり世界各地に行けることに魅力を感じたのでしょうか。

「マジック:ザ・ギャザリング」のスローガンが「Play The Game, See The World(ゲームをして世界に行こう)」なんです。プロが招待される大会は、アメリカ、ヨーロッパ、南米など世界各地で開かれます。さらに航空券やホテル代が出ます。すごくワクワクしますよね。

始めたのは就職してからです。学生時代の趣味は続けていなかったので、何かやりたいなと。だけど将棋や囲碁は22歳からでは遅い。カードゲームならそんなに本気でやる人なんていないだろうから、結構イケるんじゃないかなと思って始めました。ところが、やってみたら、本気でやっている人ばかりでした。結局、海外で開かれる大会に参加できるまでに、5年近くかかりました。

トレーディングカードゲームの魅力はいろいろありますが、自分の戦略がはまる瞬間があって、そのときはとても気持ちいいです。

――私が体験した例だと、「攻撃力が0、防御力が6のカード」と「防御力が攻撃力に変わるカード」を仕込んでおいて、この両方を出せたらほぼ無敵という戦略がありましたね。

それもかなり気持ちいいですよね。1枚1枚はたいしたカードでなくても、組み合わせるとすごいことが起きることがあります。しかも、自分が見つけたオリジナルの組み合わせだったりすると、対戦相手も「うゎ!これは! あなたが考えたんですか!?」となる。

ある戦略を狙ってカードを仕込んでおいても、必ず出せるわけではありません。デッキに入れておいても、手札にならないこともある。でもそれがそろったら出して、出して、ドーン、とできる。戦略どおりカードを全部出せたときは、相当に高まりますよね。そういう面白さはあると思います。

カードで知り合った人が仕事を紹介してくれた
――プロプレーヤーとしての活動と、会社での仕事をどうやって両立させていたのでしょう?


実は、会社での仕事は、熱心にはやっていませんでした。タカラトミーは3社目なんです。1社目は海運会社で経理をしていました。毎週末、土曜、日曜はいろんなところで開かれる予選会やトーナメントのイベントに参加する生活をしていました。

ところが、その会社が倒産してしまいまして。私はカードに一生懸命だったので、特に転職活動もせず、存続した会社に残ったのですが、ものすごく忙しくなってしまいました。当然カードもできず、次第に体調を崩すようになってしまい退職しました。

そこから半年くらいは無職だったのですが、カードで知り合った方が、今度「WIXOSS-ウィクロス-」というトレーディングカードゲームを立ち上げるから手伝わないかと声をかけてくれて。タカラトミーは世界観やキャラクターの方向性を決めていて、細かいパラメータなどは専門業者を交えながら詰めていくんです。その専門業者に入りました。

――初めてトレーディングカードゲーム業界で働いてみて、いかがでしたか?

そうですね、向いてましたね。やりがいを持って取り組めています。入った会社はすごいところで、チーム全員がトレーディングカードゲームのスペシャリストでした。プラチナより上の殿堂プレーヤーがたくさん所属していました。

17時までは事務の仕事をして、そのあと発売前のカードのテストプレーを手伝って終電で帰る……という暮らしをずっとしていました。そうこうしているうちに、だんだん事務の仕事が減り、作るほうの仕事が増えていきました。「WIXOSS-ウィクロス-」でタカラトミーの方と会うこともあったので、そこから誘われてタカラトミーに転職という流れです。

――カード漬けの毎日ですね。このころ神決定戦で優勝し“神”になり、さらに引退を表明されていますよね。二足のわらじはつらかった?

晴れる屋っていう「マジック:ザ・ギャザリング」専門店が主催している「神決定戦」(将棋でいうところのタイトル戦)で、挑戦者になり神を倒して神になりました。その後3回防衛、4人目で負けてしまいました。

ちょうど3人目を防衛したタイミングでタカラトミーに入ることになったので、プロプレーヤーをやめることにしました。タカラトミーでは「WAR OF BRAINS」というデジタルトレーディングカードゲームを作ることになっていたので、それをメインとしてやっていこうと。ほかにもいろいろな事情があって、毎週末トーナメント出て、たまに海外へ行く生活はいったんやめることにしました。

トレカでできた人脈は、人種・性別すべてを超える
――先日、トレーディングカードゲームのショップに行ってみましたけれど、ものすごくたくさんの人が集まってプレーしているんですね。人脈が広がりそうだなと感じました。


トレーディングカードは、人種・職業・年代・性別をすべて超えて世界中でプレーされている(撮影:梅谷秀司)
そうなんですよ。すばらしい着眼点です。カードゲームの魅力って、単純にゲームとして遊べるというのもありますけど、コミュニケーションツールとしての側面もあります。大会会場に行くと、学生・医師・弁護士・建築家・無職・10代・20代・おじさん・自営業・酒屋・教師などがいて、学校で出会える人脈とはまるで違います。


海外に行っても同様です。海外での試合は、北米ヨーロッパだけじゃなくて、人種のるつぼのような状態になります。対戦相手がチリ人だったこともあります。「マジック:ザ・ギャザリング」は、日本語、韓国語、中国語、ロシア語、スペイン語、英語、フランス語、イタリア語など、いろんな言語に翻訳されています。言葉が通じなくてもできるんです。


。。・と自分も最近ゲームショップによって見たら、トレンディーカードゲームですごい人だったんですよね。今はやっているんだなぁというのを実感したものです。それだけに、ずっと携わってきた人が開発に参加したことで、より身近な存在になりえるかというものですよね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment