ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『UBIソフトがニンテンドースイッチで実現した『Mario + Rabbids Kingdom Battle』がどのように実現したのかCEOが語っている記事』が掲載中。



UBIソフトがニンテンドースイッチで実現した『Mario + Rabbids Kingdom Battle』がどのように実現したのかCEOが語っている記事が掲載中。任天堂側が持ち掛けたのか、UBIから動いたのかというものであって、その辺は興味深いですね。



UBIがニンテンドースイッチ独占でリリースしたゲーム『Mario + Rabbids Kingdom Battle』について、UBICEO、Yves Guillemot氏が語っているところでは、任天堂との関係性の上で、UBIのチームは任天堂とのコラボレーションが実現することに感銘を受けていたとしていて、宮本氏との仕事をすることで、物事を学ぶ方法をフィードバックできたことは会社全員にとってとてもクールな経験だったとして、UBIと任天堂の関係性を岩田さんが話し合ったのはそのためであり、長い議論をして宮本氏を説得した経緯があって、発表されたときの反応は、素晴らしい瞬間だったと振り返っており、任天堂ファンの人に対しゲームを作れる幸せは私たちに大きな約束を与えてくれたからほかならず、そのような出来事を誇りに思うとしています。


・・・としていて、コラボレーションは成功だったとUBIは語っていますが、2017年に実現して以来音沙汰がないので、それ以降の関係性は継続していないのかというのがちょっとありますね。予想していたより売れゆきが悪かったのか、ちょっと予算と販売本数的に満足いかなかったのか、それ以降の作品はスターフォックスのコラボレーションマルチゲーに留まり、UBIからのスイッチ専用新作は出ないのかというのがちょっと残念ですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment