ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『XBOX下位互換性に新たに、『Castlevania:Harmony of Despair』が対応決定という記事』が掲載中。



XBOX下位互換性に新たに、『Castlevania:Harmony of Despair』が対応決定という記事が掲載中。本作は既存のドラキュラゲーには見られなかった協力プレイが可能になっていた作品で、当初はXBOX360独占コンテンツでしたね。


XBOX下位互換性に新たに、『Castlevania:Harmony of Despair』が対応決定として、登場したのは2010年でXBOX360独占コンテンツとして当初は発売されたもので、本作は今までのドラキュラゲーとは違い、協力プレイに焦点を当てていて、6人のプレイヤーが古典的な2Dドラキュラ城を舞台に戦うものになっており、プレイアブルキャラクターはAlucard、Soma Cruz、Jonathan Morris、Shanoa、Charlotte Aulinを含む有名なシリーズ作品の主人公を選択可能で、北米と欧州で2011年、日本では2012年にPS3でリリースされたそうです。


・・・としていて、今となっては異色作といえる部類のゲームで、これはこれで楽しめる1本ですね。こうした作品が続々と決まっていますが、次世代XBOXはXBOXOneの互換をサポートしているのかも気になりますね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment