ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報を中心にお届けします。

スポンサードリンク

『進め!キノピオ隊長の3DS版を担当したことなどで知られる『任天堂ソフトウェアテクノロジー』が2023年をゴールに据えた新しいスイッチプロジェクトに取り組んでいるらしいという記事』が掲載中。



進め!キノピオ隊長の3DS版を担当したことなどで知られる『任天堂ソフトウェアテクノロジー』が2023年をゴールに据えた新しいスイッチプロジェクトに取り組んでいるらしいという記事が掲載中。5年もの開発期間があることを意味していて、どんなものになるのか?



3DS版進め!キノピオ隊長などを手がけている事で有名な任天堂ソフトウェアテクノロジー(NST)がスイッチ向けに新しい予告なしのプロジェクトに取り組んでいるらしく、NSTアーティストのプロフィールによって明かされたものでは、2023年にリリースされるとしており、それは約5年の開発期間を意味しており、どんな作品になるのか興味深いところです。


・・・としていて、ショットでも伝えているものになっており、これはどんな作品になるのかといえそうですね。開発チームが大きいのか小さいのかというのも関係していそうですが、5年後を予定するゲームというのがちょっと予想がつかないだけに、続報があればいいですが・・・


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

NSTが3DS版キノピオ隊長開発してたんですか!
マリオメーカー3DSを開発していたことは知ってましたが
キノピオ隊長は知らなかった・・・・・・
NSTというとGBAの初代マリオvs.ドンキーコングが
それ以降のミニマリオ誘導ゲームとは異なる
GB版ドンキーコングの流れを汲むアクロバティックなパズルアクションで
お気に入りでした。あの系列はもう出ないのかなぁ……

2018/10/23 (Tue) 23:50 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。海外で紹介されていたもので間違いないですね。マリオVS
ドンキーコングのほうが有名ですよね。スイッチで5年後を目指して
ソフトを計画しているというのは一体何なのかといえそうで、
ひそかに気になる情報ですね。

2018/10/23 (Tue) 23:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment