ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『NOAレジー氏が、任天堂が先日129歳を迎えた中で、私たちは10年単位で急速に変化するエンターテイメントに対し、再考しているとした記事』が掲載中。



NOAレジー氏が、任天堂が先日129歳を迎えた中で、私たちは10年単位で急速に変化するエンターテイメントに対し、再考しているとした記事が掲載中。それだけ浮き沈みが激しいゲーム業界で新しい道を切開こうとしていますね。



NOAレジー氏が、任天堂が先日129歳を迎えた中で、私たちは10年単位で急速に変化するエンターテイメントに対し、再考しているとして、任天堂の特徴としては、いつも違ったことをしていて、それは私たちのDNAでもあり、他の人がやっている事とは違う、消費者の経験に焦点を当てて、伝統的な道を歩いていた時でも、それが適切かどうかを疑問を抱き、2006年にはwiiを生み出して、それは革新的だったとしており、私たちの事業は前進しているとのことです。


・・・としていて、GC時代まではファミコンで産声をあげたゲームビジネスを踏襲してきた中で、ゲームの概念を変えたwiiではいい面悪い面もあった中で、新しい可能性を切開いたことは間違いないですから、それを続けていくことは並大抵ではなく、wiiUでは外しましたが、スイッチでは大成功に結びつきそうなので、担い手としての時代の読みと先見性が問われるビジネスをしていますね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment