ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『サイバーコネクトツーがニンテンドースイッチタイトルを今後も手がけることを言及している記事』が掲載中。



サイバーコネクトツーがニンテンドースイッチタイトルを今後も手がけることを言及している記事が掲載中。NARUTOトリロジーが出ましたが、それ以外にどんな作品を作る気でいるのかというものであって、パブリッシャーはバンダイナムコだそうですね。


サイバーコネクトツーの松山氏によると、独自のIPに基づいて、ニンテンドースイッチタイトルを複数手がけていることを明かしていて、偶然にも、昨年の2017年には、、.hackシリーズの15周年を迎え、昨年は.hack // G.Uをリリースして、Last Recode、オリジナルシリーズのリマスタなど、又最も人気のあるNARUTOは15年間続いているが、2018年に初めてニンテンドースイッチでリリースされて、それは当社において、一種のマイルストーンであって、他2つの作品については、純粋に開発者の立場だが、マーケティングに関してはバンダイナムコが担当しているとのことです。


・・・としていて、NARUTOを出してそれで手ごたえを感じたのかどうかといえそうですね。スイッチタイトルを手がけていることを公言しているので、どんな作品が用意されるのかというもので、パブリッシャーがバンダイナムコなので、どんなIPになるかですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment