ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『マリオ誕生秘話、元々ポパイの代わりに作られた、昔はジャンプマンと呼ばれていたというニコニコ記事』が掲載中。



マリオ誕生秘話、元々ポパイの代わりに作られた、昔はジャンプマンと呼ばれていたというニコニコ記事が掲載中。登場したのがドンキーコングからで、それ以来主役に抜擢されるマリオブラザーズまでの経緯などが語られていそうな話といえますね。


マリオ初心者向け講座 第1回「マリオ誕生秘話」

 今回ご紹介するのは、肥後マリオ(肥後)さんが投稿した『マリオ初心者向け講座 第1回「マリオ誕生秘話」』という動画です。

 ゲーム界を代表するキャラクター・マリオ。1981年に誕生した、立派なおヒゲにM印の帽子、青いオーバーオールがトレードマークの任天堂の看板キャラクターですが、そもそも彼はどのようにして生まれたのか。

 本記事では、マリオが誕生したきっかけや、トレードマークとなった容姿などを解説した動画の内容をまとめてお届けします。

マリオは『ポパイ』の代わりとして誕生した  ゲームにあまり詳しくない人でも「マリオ」という名は誰でも聞いたことがあると思います。しかし、その生い立ちを知ってる人はどれくらいいるのでしょうか?

 当時、任天堂はポパイを題材にしたアーケードゲームを開発していました。ところが、版権の都合でポパイを使うことが出来なくなってしまいました。

 「マリオ」と初代「ドンキーコング」です。彼らは任天堂の宮本茂氏によって誕生し、アーケードゲーム『ドンキーコング』でデビューを飾りました。

 しかし、当時は「マリオ」ではなく「ジャンプマン」と呼ばれておりました。彼はなぜ、「ジャンプマン」と呼ばれていたのでしょうか。

 この「マリオ」がデビューした『ドンキーコング』というアーケードゲームは、採用された筐体にボタンとスティックが一つずつ付いていたのですが、当初はスティックのみでの操作になる予定だったのです。

 しかし、このゲームでは目の前からタルが転がってきます。なので、前から転がってくるタルを飛び越えるために、試しにジャンプをさせてみたら、これがとてもよかったので、後から「ジャンプ」が追加されました。これにより、余っていた筐体のボタンも使えたので、まさに一石二鳥でした。

 そこで、仮に「ジャンプをさせる」という発想がなかったり、筐体にボタンが付いていなかったら、マリオはジャンプしなかったかもしれない、ということです。

ヒゲ、帽子、オーバーオール……すべての起源は“ドット絵の限界”にあった  ところで、マリオには帽子やヒゲなど、多くの代名詞的な特徴がありますが、それらはどのようにしてマリオに付けられたのでしょうか。

 その秘密は、マリオのドット絵にありました。ドット絵のマリオは16×16ドットで描かれていますが、宮本茂氏が最初にマリオをデザインした時、顔を8×8ドットで描こうとして、目、鼻、口を描こうとしたところ、ドット絵が圧倒的に足りませんでした。そこで、鼻の下にヒゲを描いたら、口を描く必要がなくなり、ドット数を稼ぐことができました。それで、マリオにはヒゲが付いているのです。しかも、マリオがどっちを向いているのかわかりやすくもなります。

 帽子についても、髪の毛を描き切れず、その上髪の毛をアニメーションにするのも難しかったので、ドット数を抑えつつ、帽子をかぶせることになりました。

 そして、残りのドットで体を描くのですが、これに「走らせる」というアニメーションを付ける必要がありました。しかし、当時はアニメーションは3パターンしか作ることが出来ませんでした。そこで、走るときに動きをわかりやすくするために、服と体の色は違った方がいいと考えた結果、オーバーオールを着せることになりました。さらに、ジャンプした時に、動きがよくわかるように白い手袋がはめられました。

 このように、ドット数を抑えつつも、いかに見やすいデザインになるかを考えて、マリオはこのように特徴の多いデザインになったのです。ちなみに、現在では赤色だったオーバーオールは青色になっています。

 多くの苦悩と、そこからくるアイデアと工夫によりマリオは誕生し、そして今のマリオがある、ということなのです。


・・・としており、ドンキーコングのキャラクターに抜擢された際、ジャンプマンというネーミングであったとして、マリオに決まって何よりですよね。そこからマリオブラザーズ、スーパーマリオへと繋がっていくものであって、当時の技術的制約の中で作られたキャラクターは今に昇華されてうまく乗り切ったデザインといえますよね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment