ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『総合職における仕事での残業率の多さはゲーム業界が1位で月平均45時間だとしている日経記事』が掲載中。



総合職における仕事での残業率の多さはゲーム業界が1位で月平均45時間だとしている記事が掲載中。やっぱりゲーム会社は残業が多いらしいとしており、45時間が多いか少ないかもあって、又サービス残業もありますからその辺の実態は見えてこないですね。



残業が最も少ない“ホワイト職種"は「経理事務・財務アシスタント」――。人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田)はこのほど平均残業時間の調査結果を公表した。経理事務・財務アシスタントの残業は月平均11.1時間だった。一方、残業時間の最長は「ゲーム(制作・開発)」で45.3時間だった。 調査は6月にインターネット上で実施し、全124職種の月間残業時間を調べた。20~59歳の正社員1万5千人から回答を得た。「全体的に残業時間は減少傾向にある」(同社)という。

平均残業時間が少ない上位は「事務・アシスタント」系職種が占めた。2位は「秘書/受付」(11.6時間)、3位には「医療事務」(12.1時間)が入った。

アシスタント職は年間を通じて、残業時間が少ないというわけではない。経理事務・財務アシスタントの場合、決算期前後は繁忙期だ。パーソルキャリアは少ない残業の背景を「メリハリがきいた結果」とみる。調査では業務の効率化ツールを「エクセル」で作成したといった声などが聞かれたという。

専門性の高い職種では残業の多さが目立つ。人材が限られる一方、需要急増で代替が利かないからだ。ゲームに続く2位は「インターネット/広告/メディア」(42.4時間)だった。3位は建築施工管理(41.5時間)が入った。

ただ、働き方改革の流れは、残業時間に表れている。前回調査では残業が最も多い職種の時間は平均53.7時間。今回の調査で最多だったゲームを8時間強上回る。2位以下も同様に減っているという。今回の調査では社会全体の働き方がホワイト化しつつある現状を映しているようだ。


・・・としていて、あくまでも残業として認められた数字なので、少ないと逆に基本給が低い事務系の仕事は給料に響くという部分もあるんですよね。その辺がどうかといえそうで、基本給が元々高い職種とは限らないだけに、その辺は残業でペイしている部分もあるので、一概にいえないでしょうね。ただしゲーム関係は1年で出すスタイルを貫くメーカーなどは残業祭りでしょうね。


関連リンク


 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment