ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『日本におけるeスポーツの認知度などを調べた記事がアップ』が掲載中。



日本におけるeスポーツの認知度などを調べた記事がアップ、が掲載中。まぁある程度予想がつきそうなものではありますが、まだまだこれからといった感じになっており、どこまで努力をして知ってもらうかというのが大事になってきますよね。


マイボイスコムは、e-Sportsに関するインターネット調査の結果を公表しました。この調査結果は、2018年7月1日~5日に実施し、10,514件の回答をもとに作成されたものです。

回答者の中で、直近1年間にゲームをした人は全体の4割。男性や若年層で比率が高く、男性10・20代では8割弱、男性30代や女性10・20代では各6割強です。ゲームを「ほとんど毎日」する人は、全体の20.0%であるとのこと。

この調査結果によると、e-Sportsについて「どのようなものか知っている」と回答したのは18.5%、「名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない」と回答したのは25.4%という結果に。半数以上(56.2%)が「知らない」と回答しました。


そして、直近1年間にゲームをした層(6割)と、ゲームをしていない人(3割強)で、e-Sportsの認知率に差異が見られたそうです。

e-Sportsに対する興味度では、興味あり(「興味がある」「まあ興味がある」の合計)と回答したのは全体のわずか6.0%。大半の回答者(81.3%)が興味なし(「興味がない」「あまり興味がない」の合計)と回答しました。


なお、興味あり層の比率は、男性や若年層で高く、男性10・20代では3割強。また、ゲームを月に2~3回以上する層では、興味あり層が10%台すが、ゲームをしない層では約2%となっているとのこと。


・・・としており、若い世代には浸透していますが、それ以外のゲームをしない人にはちんぷんかんぷんという結果のようですね。オリンピック競技にという話も上がっていましたが、まだまだこれからといった感じで、特に興味関心が薄いのが気になりますね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment