ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『3DSで『Metroid:Samus Return』を制作した海外デベロッパー『MercurySteam』が、日本人と西洋のデベロッパーのゲームソフトの作り方の関係性について触れている記事』が掲載中。



3DSで『Metroid:Samus Return』を制作した海外デベロッパー『MercurySteam』が、日本人と西洋のデベロッパーのゲームソフトの作り方の関係性について触れている記事が掲載中。ゲームの品質や、磨き方、プレイヤーの満足度を重視しているそうで、その辺を語っていますね。


3DSで『Metroid:Samus Return』を制作した海外デベロッパー『MercurySteam』が、日本人と西洋のデベロッパーのゲームソフトの作り方の関係性について触れていて、任天堂に関して、最も大きな違いという意味では品質への求め方であり、気にする部分はゲームを磨くことで、プレイヤーの満足度を与えることが最重要であって、それ以外は二次的なもので、制作する際には常に時間的制約があるために、西洋のデベロッパーはうまくいかない場合もあるため、常に大きなフレッシャーがのしかかり、どんな環境でも圧力が発生して、多額のプロジェクトでは、特に心配になるそうです。


・・・としていて、任天堂との共同開発においても、大きなフレッシャーのしたでプロジェクトを推移させていくことになるとして、そのフレッシャーが大きなものを感じるとしていますね。それ以外ではコナミのドラキュラを作っていましたから、そういう意味ではドライでクレバーな仕事を求められていたのかもしれませんね。


関連リンク

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment