ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『wiiUで出した『龍が如く1&2HD』は大きな失敗に終わり、クロスプラットフォームを可能な限り開発したいが、スイッチでは理想的なプラットフォームではないと確信しているとした記事』が掲載中。



wiiUで出した『龍が如く1&2HD』は大きな失敗に終わり、クロスプラットフォームを可能な限り開発したいが、スイッチでは理想的なプラットフォームではないと確信しているとした記事が掲載中。この作品は根本的にPSフォーマット限定なので、それ以上でも以下でもないですね。



セガゲームスの佐藤氏が、wiiUで出した『龍が如く1&2HD』は大きな失敗に終わり、クロスプラットフォームを視野に入れ、可能な限り開発したいが、ニンテンドースイッチでは龍が如くが理想的なプラットフォームではないと確信していると指摘していて、スイッチに求められている作品でもないだろうとしており、又、XBOXOneでは海外ゲーマーが興味を持っている可能性もあるため、検討の余地はあり、選択肢として考慮すべきものかもしれないそうです。


・・・としていて、スイッチでは受け入れられないだろうとして、検討外だとして、そういう意味ではXBOXは可能性があるかもしれないと佐藤氏は触れていますね。ただし、このゲームの誕生は、任天堂に蹴られ、マイクロソフトにも蹴られ、最後にソニーに持っていって、やっと認めてもらったという名越氏のエピソードが根強く生きていて、恩義を感じていると話している事から、これは多分話だけで終わりそうですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment