ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ここ数ヶ月ニンテンドースイッチ本体の北米市場での売り上げが低迷している中、今年はトップコンソールとしてのセールスが期待できるとしたNPD記事』が掲載中。



ここ数ヶ月ニンテンドースイッチ本体の北米市場での売り上げが低迷している中、今年はトップコンソールとしてのセールスが期待できるとしたNPD記事が掲載中。それだけスマブラとポケモンのインパクトは大きいだろうとしているものですね。



ここ数ヶ月ニンテンドースイッチ本体の北米市場での売り上げが低迷している中、今年はトップコンソールとしてのセールスが期待できるとNPDアナリスト、Mat Piscatella氏が触れていて、ポケモンレッツゴーピカチュウ/イーブイが11月、スマブラが12月に出るため、どちらのゲームもTOP10内に収まるだろうとしており、ニンテンドースイッチが売れている時間軸で、PS4とXBOXOneha2018年北米で少なくとも400万台販売をするだろうとして、3台のコンソール合計では1750万台に達し、それは2012年以来のことだそうです。


・・・としていて、スイッチの売れ行きがホリデーで復活するだろうとしており、それだけキラーコンテンツになるとしていますね。海外ニンテンドースイッチ市場はインディーゲーやサード作品も一定の売れ行きを見込める市場に成長しているため、日本産ゲームも移植されるケースが増えているので、それら作品がどこまで期待通りに売れるかですね。


関連リンク


 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment