ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ドラゴンクエスト11のローカライズに時間がかかっているのは、堀井氏の文面や世界観を本当に理解して、質の良いものを提供するためだとしている記事』が掲載中。



ドラゴンクエスト11のローカライズに時間がかかっているのは、堀井氏の文面や世界観を本当に理解して、質の良いものを提供するためだとしている記事が掲載中。未だにPS4版が海外でリリースされていないですが、それ相応の理由があるからとしていますね。


PS4版のローカライズ化が進む『ドラゴンクエスト11』に対し、時間がかかり、なかなかリリースされない訳として、プロデューサー三宅氏が指摘しているところによると、ゲームのテキストの量が、ゆっくりと作業が進んでいることを明かした上で、品質を損なうことなく、翻訳をより効率的に実施できないか検討しているとのことで、そのスピードが、ゲームの仕組みや堀井氏のテキストそのものがゲームにおいて、重要な役目を担っているため、時間がかかり、翻訳の質を上げるには、本当に世界そのものを理解して、正しいものにする必要があるためであって、それぞれの地域ごとにあわせて作られているそうです。


・・・としていて、ローカライズ化するのは時間がかかる作業ですが、堀井氏の文面をしっかり理解して、世界各地にローカライズするのはかなり骨のかかる作業ですよね。翻訳者もゲーム内容をしっかりと把握する必要があるため、より密接な体制で制作に挑まないとだめでしょうね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment