ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『レトロゲーム互換機の究極バージョンが登場!HDMI端子で1080p出力、ファミコン~初代PSまで楽しめるとした記事』が掲載中。



レトロゲーム互換機の究極バージョンが登場!HDMI端子で1080p出力、ファミコン~初代PSまで楽しめるとした記事が掲載中。お値段がどれ位なのかというのがありそうですが、こうした商品も出るとしており、需要もまだまだ感じさせそうですね。



ここ数年、空前のレトロゲームのブームが巻き起こっているが、複数のゲーム機を所有したり、プレイしたいゲームをその都度探すことに煩わしさを感じていた方も少なからずいるであろう。そんなレトロゲーム愛好家にとって、カリフォルニアのゲーム制作会社「Playmaji(プレイマジ)」が世界最大規模のゲームイベント「E3 EXPO」にて発表したPolymegaは、痒い所に手が届く1台となるはずだ。

モジュール型の本機には、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、メガCD、Neo Geo、PlayStation用ソフトに互換性のある部品が付属されており、ディスクやカートリッジをゲームコンソール本体にダウンロードし、メーカーの枠を超えて自分好みのゲームを集約した独自のROMを作成することが可能となる。加えて、レトロゲーム機としては世界初の1080pフルHDの高画質も実現。

リリース日については未発表であるが、Polymegaの公式サイトにて詳細を確認できるので、興味のある方は今のうちからチェックしてみてはいかがだろうか。


・・・としていて、リリース時期は未定となっており、その辺はまだ未知数さがありますが、幅広く互換が対応していて、置き場所にも困らない大きさと言えそうですね。独自にROMを編成も出来るとしており、その辺もなかなかいい機能がついていますよね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment