ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『ロックマン11が始動した中で、何故今まで新作が作られなかった期間が長かったのかについてカプコンが触れている記事』が掲載中。



ロックマン11が始動した中で、何故今まで新作が作られなかった期間が長かったのかについてカプコンが触れている記事が掲載中。稲船氏の存在も大きかったとしており、その辺のプロジェクトが復活するまでの経緯などを語っているものですね。


ロックマン11が始動した中で、何故今まで新作が作られなかった期間が長かったのかについてカプコンの小田氏が触れていて、まず、稲船氏の存在が大きく、他の多くの人たちが当時取り組んでいたが、その後制作が困難になり、誰かがプロジェクトを再始動させることを言い出せなかったとして、それが長い間新作がストップした要因だったとしていて、他のタイトルを手がけているときもいつもロックマンのことを忘れたことは無く、フィードバックを得て、私達が決断に至ったとしており、それを後押ししたのがロックマンクラシックコレクションであって、世界で100万本以上売れたため、ファンが未だに存在している事を証明できたので、私はファンベースにとても感動しているとのことです。


・・・としていて、ロックマンは今ではソニック以上の人気があるコンテンツといえそうですよね。それだけ売り上げが大きかったとしており、最新作の後押しになっていて、カプコンとしてもプロジェクトを進める上でとてもいい状況になったとしているものですよね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment