ゲーム情報&ブログ2.0

ゲーム情報をお届けします。

スポンサードリンク

『プラチナゲームズで開発されていて、その後中止がアナウンスされた『Scalebound』の製品ページが復活、マイクロソフトゲームズで制作再開か?という記事』が掲載中。



プラチナゲームズで開発されていて、その後中止がアナウンスされた『Scalebound』の製品ページが復活、マイクロソフトゲームズで制作再開か?という記事が掲載中。惜しいIPだっただけに、このブランドの制作が復活したのかというのは興味深いですよね。



2017年1月に発表された開発中止と共に、公式ページやYouTubeでの映像がすべて削除されていた『Scalebound』ですが、Press Startによれば、「ここ数日」の間にMicrosoft Store内の『Scalebound』製品ページが復活していたということです。

製品説明にはプラチナゲームズと神谷英樹氏の名前が記載されていますが、2017年5月には噂のひとつとして、プラチナゲームズではない「Microsoftに近しい開発チーム」によって今作の開発が再開されていると伝えられていました。突然の製品ページ復活となりましたが、商標が更新されていたこともあり、徐々に近づくE3 2018での続報を期待してしまうファンも多いのではないでしょうか。


・・・としていて、E32018でサプライズ発表があるかもしれないですね。海外XBOXファンからも惜しい作品だったと指摘があって、このIPを新しい開発チームで制作が継続されるのかどうかは注目されそうですよね。


関連リンク

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment